JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

今日、急に解雇を言われました本日、9月12日ですが10月12日までの給与を出すから辞めてくれと言われました。私の会社

質問者の質問

今日、急に解雇を言われました本日、9月12日ですが10月12日までの給与を出すから辞めてくれと言われました。私の会社は20日締めの27日給与払いです。
解雇手当はその期間だけしかもらえませんか?
解雇理由は業績不振だそうです。
あとその伝えた役員は25年間領収書を差し替えて自分の彼女とご飯を食べて会社の経費を使っています。月に二回、5万円以上 25年間続けています。その件も告発したいです。わたしに命令して
領収書を用意させていました。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 3 年 前.
解雇をする際には、労働基準法において30日前に伝えるか30日分の平均賃金を解雇予告手当として支払うことと定められています。

そのため10月12日まで の給料を出すからという会社の言い分は、解雇予告手当として捉えることができます。残念ながらそれ以上の期間については請求することはできません。

そのため後は、会社との話し合い次第となるでしょう。

そもそも解雇理由が業績不振とのことであれば、次の要件を満たしていなければなりません。
1.人員削減の必要性が存在すること
2.解雇を回避するための努力が尽くされていること
3.解雇される者の選定基準及び理由が合理的であること
4.事前に説明・協議義務を尽くしたこと

これらの要件を満たしていないようであれば、不当解雇と判断される可能性が高くなります。そのためもし退職をなさるおつもりであれば、退職金代わりに給料の3~6か月程度の支払いを要求されたらよろしいでしょう。

さらに不正処理の件については、社長に直接伝えるべきでしょう。

雇用・労働 についての関連する質問