JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

子会社の事業の一つとして親会社へ人材派遣を行っており、派遣元としての労務管理に関する質問です。労基法、派遣法上又は関

解決済みの質問:

子会社の事業の一つとして親会社へ人材派遣を行っており、派遣元としての労務管理に関する質問です。労基法、派遣法上又は関連法律上(該当条文提示)、以下のAとBどちらが正しいのか、残業問題は発生するのか、又は法律に明記がない場合は、どちらが好ましいのかご教示お願いいたします。
A:親会社(1階~3階)と当社(4階)は同じビルにあり、派遣社員には朝8時始業前に、当社に寄って、出勤チェック(“レ”マークのみ書く)後、各派遣先に行くことをお願いしている。帰りは無し。これは、派遣元として労務管理の一環(出勤の有無、本人状況の確認、コミュニケーション、昼食の手配も 兼ねているが親会社からでも可能)として、派遣先にも近いため、当社派遣社員に義務付けている。
B:ところが、1階の親会社の一部署の派遣先責任者から、朝派遣社員が4階まで毎朝始業前に行くことは、やめさせてほしいと要求がありました。理由は、勤怠簿管理は派遣先できちんとしている、朝あわただしいときに、4階まで行くのが時間の無駄、階段でころんだらどうする、と言うのが言い分です。
C:ある派遣会社へこの件相談すると、“Aができるならそれが好ましい(遠くへ派遣者はできないが)”や別の派遣会社は、“出勤チェックは、しないほうがよい、その時点で始業(時刻は書いていないのだが)と捉えられ残業の問題が発生する”という意見がありました。
当社としては、同じビルでこれにかかる時間も数分であり長年やってきているAを労務管理の一環としてできることは続けたいと思っています。もしやめるなら、1階だけでなく2階3階も右倣えとせざるを得ないと思います。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。
さぞお困りの事と推察いたします。
さっそく回答させていただきます。
好ましいのはBになります。もちろんAでも違法行為ではありませんが、ご相談者様がおっしゃられているように、時間外手当(いわゆる早出残業代)の対象となります。
理由は、業務命令として始業時間前に出社させて いるからです。Aを継続するとなると時間外手当を支払わなければなりません。当然、時間外手当を支払えばAを継続しても問題ありません。
時間外手当の支払いをするかしないか、これをポイントとしてご検討いただけたらと存じます。
ご相談のケースでは、親会社とはいえ派遣先にその残業代は請求できないでしょうから、派遣元が負担することになろうかと思います。
残業代が発生すること、派遣先からの要請があること、を考慮すると、Bに改定した方がよろしいかと考えます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。


C:残業代の問題からBが好ましいは、8時からの始業に対し、8時ちょうどに来る人はいませんし、30分前に来る人もいます。出勤チェックに要する時間は、3分程度で、7時55分に来る人は7時52分のチェックとなります。これの積み重ね(3分の)が法的には残業となるのでしょうか。


法的にその可能性があるなら、止めざるをえません。残業分は派遣元では払えません。


D:派遣元として労務管理は、派遣先での派遣者の状況巡視があると聞いたことがありますが、それに代わるものとして、言い分は成り立たないでしょうか。


C,D天秤にかけてもCでしょうか。

専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

たとえ1日に3分程度でも、1ヶ月積みあがると1時間になりますよね?となれば、残業代の支払い義務は生じます。

CとDを天秤にかけてどちらかをチョイスすることに問題はありません。が、Dを選んだ時に残業代が発生しますので、「残業分は派遣元では払えません。」というお話しですので、Cしか選択する余地がなくなります。

ご相談者様のお話しをうかがって、派遣元の事情をお聞きしたうえで、CかDかとご質問いただいておりますので、回答は「Cにすべきである」となります。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問