JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

初めましてXXX在住のNNと申します。この度の相談内容は、退職後の情報の取り扱いについてです。

解決済みの質問:

初めましてXXX在住のNNと申します。 この度の相談内容は、退職後の情報の取り扱いについてです。 仕事内容 米を使用した商品開発 相談の概 要 入社時点では、主に企画営業と担当しその過程で商品開発及び製造にも関わって欲しいということでした。 とはいえ、まずは売り物になる商品が必要なので主な仕事は商品開発になりました。 yy作りに関しては未経験であり、まったくの素人でそれは会社も承知の上でした。 それでも一人でやってくれということで、ネットで調べながら手探りで取り組んでいました。 通常は米粉を使用した商品が主流ですが、コストが割高になることや商品の膨らみが悪いという欠点があります。 そこで、炊いたご飯を使うことでコストを抑え膨らみのあるレシピを開発しました。 ところが経営者は、米ぬかを使用した健康食品的な商品の開発に固執し炊飯米だけの商品は扱わない方針を決めました。 米ぬかを混ぜ込んだ商品を販売するには様々なハードルがあり、私はノーマルな炊飯米を使用した商品を得ることから始めるべきと考えていました。 しかし、経営者はあくまでも米ぬかを混ぜ込んだ商品にこだわるとのことでした。 この点で、経営者と方向性に対する考え方に違いが生まれ、結果的に退職することにしました。

ご相談したいのは、会社(経営者)が商品化しないと決めたレシピを私が公開した場合に法的な問題が生じるか否かです。 炊飯米を使う商品は新しいレシピではなく、既に商品化している会社があります。 また、旧XXがXXXという炊いたご飯を使って商品を作る製品を販売しています。 そして、現時点でいずれの商品も販売はしていません。 私の開発したレシピの特徴は、xxxxxxxxxxxxxxxの配合比率です。 このレシピは特許を申請している訳ではありません。 商標登録もなされてはいません。 ただ、米ぬかを配合する場合でもこのレシピが基本になります。 しかし、米ぬかを配合した商品と炊飯米のみの商品ではまったく違う商品となります。 基本的に、このレシピは無料で公開しようと思っています。 法的に、有料であるか無料であるかで違いが生じるのでしょうか? 以上の状況のもとでレシピの公開は守秘義務等の法的及び社会通念上で問題があるのでしょうか? 法的なトラブルを回避するために、すべきことがあればアドバイス頂ければ幸いです。 当該のレシピが普及すればコメの消費量は向上し、食料自給率のアップも期待できます。 とはいえ、不毛な争いは避けたいのでご相談した次第です。 宜しくご指導願います。 NN

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 

 退職後の守秘義務についてですね。

 

 労働者の秘密保持義務は、労働契約上の信義則ないしこれに付随する誠実義務に基づくものであるから、退職後も当然にこれが継続されるものではありません。

 

 

 退職後も秘密保持義務を課すためには契約上の根拠を要します(誓約書等が必要)。

 

 

 しかし、特約の内容も、秘密の性質・範囲、価値、労働者の退職前の地位等に照らし、合理的なものでなければなりません。

 

 本件で、イ 誓約書がある場合は、その特約の合理性が問題であり、

 

 ロ 誓約書がない場合は、労働契約終了後は、付随義務としての秘密保持義務も終了し、原則として労働者が秘密保持義務を負うことはないと解せられます。これは公開すすレシピのが有料であるか無料であるかで異なりません。

 

 ★雇用・労働の専門家たる社労士(社労士法第2条1項3号 相談・指導)および企業法務の専門家たる行政書士(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)としての回答です。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問