JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

離れて暮らす妻子のある42歳の息子が自殺してしまいました。 某外資系ITに勤務して居りましたが、今年5月末頃自分のミスを修正しょうと休日も自宅で昼夜パソコンに向かい、出社してもか

解決済みの質問:

離れて暮らす妻子のある42歳の息子が自殺してしまいました。
某外資系ITに勤務して居りましたが、今年5月末頃自分のミスを修正しょうと休日も自宅で昼夜パソコンに向かい、出社してもかなり遅くまでがんばっていたようですがカ バーしきれないと判断してチームリーダーに相談したのですが本人の憔悴の激しさを見てチームから離され2週間の有給休暇をとりました。
その時点から少しうつ病の気配を見せていたのですが出社時点で配置転換を会社から言われました。その移動先は今までの仕事と全く違い、全然ノウハウがなく簡単な引継ぎのみだったようです。
家に帰ってからも勉強していた様でしたがうつの薬も飲んでいるのであまり芳しくないようで家族が病休を取るよう言ってもリストラの噂が流れて居るので、「家族のためにも頑張る」と言うことを聞いてくれませんでした。
会社に行っても仕事に参加出来ていないようで、なかには「はやくやれ!」と言われた事もあったようで、今まで第一線で活躍していた本人のプライドはズタズタだったのではないでしょうか。その一方で益々落ち込んで「いつまで持つか」と自嘲ぎみな事をいうようになりまたので家族も心配いる矢先突然自室で自殺をしてしまいました。

以前にも軽い躁状態になったこともありリストラの噂が流れていた事も有ったのでrq、医者の診断書を本人が会社に提出しなかったこと。
仕事内容の変更はリストラ候補になったのを元の上司が日頃の仕事の真面目さを買って自分の部門に拾ってくれたこと。
そのことにむくいるため裏切らないように頑張ってしまったこと。
家族の配慮目配りをもう少ししてあげればよかったこと。
葬儀の際は会社にある程度配慮してもらったこと。ので、会社にあまり悪感情はありません。
等を考慮すれば虫の良い話しかもしれませんが残された下は5才、上は小二の妻子のこれからを考えると15万ほどの遺族年金ではどうにもならないことが目に見えています。
このような状態でも労災は適用なるでしょうか?祖母としてなんとかしてあげたい一心でお尋ねいたします。
孫が心配な祖
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

息子さんの件、ご心痛お察し申し上げます。心よりお悔やみ申し上げます。

労災についてのご相談を承りました。さっそく回答させていただきます。

息子さんの自殺が業務に起因するものである、と労働基準監督署が認定すれば労災は適用になります。

会社での業務に健康上、精神上無理があった、うつ病の発症が劣悪な職場環境が原因であった、と労働基準監督署が判断するかどうか、が労災適用になるかのポイントです。

この労災適用の認定は、労働基準監督署が立ち入り調査や聞き取り調査、医師の診断書等を参考にして「総合的に判断」することになっておりますので、この場で「労災が適用されます」と断定的な回答をすることはできませんので何卒ご了承ください。

現実には、過重労働や会社でのパワハラ(暴言や無視等)により労働者の自殺を労災認定しているケースは多々あります。

お嫁さんやお孫さんの事を考えたら、労災請求はするべきだと考えます。労災請求をしなければ労災認定されることはありませんので、始めから諦めるのではなく請求していただけたらと存じます。

不安がおありのようでしたら、まずは相談という形で労働基準監督署に赴かれてはいかがでしょうか。そこで今回のケースの労基署の見解を聴いて、そのうえで労災を請求するかどうかを判断されるのでもよろしいかと存じます。

請求も相談も窓口は労基署ですので、まずは一歩踏み出して労基署へ赴いて相談して下さい。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問