JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1046
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

細かなアドバイスをありがとうございます。 やはりまずは労働基準監督署ですか・・・これは、退職する、しないにかか

解決済みの質問:

細かなアドバイスをありがとうございます。

やはりまずは労働基準監督署ですか・・・これは、退職する、しないにかかわらず、今から前もって相談するのが賢明なのでしょうか?

労基に相談していることが分かれば、このような小さなオーナー会社ですから、さらに居場所はなくなりますから、まずは誰にも話さないで実行(相談)すべきですよね?

それから、前回のメールで相談させて頂いた通りですが、8月初旬に社長との話で、退職勧告と受け取れる内容がありましたが、そもそも退職勧告なのかが良く分かりません。

勧告そのものは通常書面になることもあるのでしょうか?

今回の経緯としては、社長が来たのでいつも通り面 談をお願いした際に、「状況が改善されていないようだけれども、いまのままこの仕事を続けても、苦痛を味わうだけになるだろうから、他の選択も考えたほうが良いのではないか?冷静に考えてみたら??」というような主旨でした。

一週間よく考えてまた話し合おうと言われましたが、一度仮でアポイントを取りましたが流れてしまいまだその後話をしていません。
当社の決算月が9月末まので、社長はそれまでに辞めてくれないかな~くらいの気持ちでいると
想像しています。

当初は居られる限り図々しく会社に居座ることも考えましたが、自分が納得いかないことを社長に話してもラチがあかないわけですから、退職を前提に社員教育や管理職を管理する立場に責任を問い、最悪でも自主退職ではなく、会社都合での退職にして欲しいと考えています。

また、他の従業員から聞かされていたこととして、当社には社則はあっても就業規則はありませんが、こういうことは私にとって有利な事実なのでしょうか?

乱文にて失礼しますが、またアドバイス頂けるようお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

ご指名ありがとうございます。

また、前回の回答に評価いただきありがとうございます。

 


>やはりまずは労働基準監督署ですか・・・これは、退職する、しないにかかわらず、今から前もって相談するのが賢明なのでしょうか?

 

そうですね。退職前の早めの相談が良いです。その理由として、在職中の場合は、証拠となりそうなものを取りやすいということがあります。労働基準監督署の職員に直接、会って話をすると、「こういう証拠があったほうが良い」などのアドバイスを受けることがあります。その時、退職後だと会社に行って証拠を取ることがなかなかできません。しかし、在職中だと証拠を取りやすいです。



>労基に相談していることが分かれば、このような小さなオーナー会社ですから、さらに居場所はなくなりますから、まずは誰にも話さないで実行(相談)すべきですよね?

 

現時点では会社の者には話さないほうが良いと思います。労働基準監督署は「相談」の段階では、会社にも連絡しませんし、守秘義務があるので会社に情報が漏れることもありません。

 

 

>それから、前回のメールで相談させて頂いた通りですが、8月初旬に社長との話で、退職勧告と受け取れる内容がありましたが、そもそも退職勧告なのかが良く分かりません。
勧告そのものは通常書面になることもあるのでしょうか?

 

退職を勧める場合、ほとんど口頭です。退職を勧めることを専門用語で「退職勧奨」といいますが、退職勧奨なのかどうかはっきりしない場合、そのまま退職勧奨と自己判断して会社を辞めると自己都合となってしまう可能性が高くなります。

 

したがって、会社都合での退職をお考えの場合、「○月○にあった退職勧奨により、○月○日に退職いたします 」のように書面を作成して、合意文書を残しておいたほうが良いです。合意文書作成の前に会社を辞めると自己都合になってしまうおそれがあります。口頭だけでは後で言った言わないのトラブルになりやすいです。

 

 

>また、他の従業員から聞かされていたこととして、当社には社則はあっても就業規則はありませんが、こういうことは私にとって有利な事実なのでしょうか?

 


常時10人以上の労働者を使用する使用者は就業規則を作成して、労働基準監督署に届け出る必要があります。10人にはパートやアルバイトも含まれます。また、一時的に10人未満になっても常態として10人以上の労働者であれば作成義務があります。

 

お勤めの会社の従業員が6名の場合は、就業規則の作成義務はありません。

 

ただ、ご投稿の内容以外に何らかの問題があるかもしれません。なので、給与明細とか労働契約書とかシフト表など会社から渡された書類を労働基準監督署に持っていくと良いと思います。そこから、労働基準法違反などの問題が見つかるかもしれません。

 

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問