JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

介護関係の職に就いている友人の例です。 月に4~6回の深夜労働があるのですが、深夜労働時間が16時から翌朝9時迄の

解決済みの質問:

介護関係の職に就いている友人の例です。
月に4~6回の深夜労働があるのですが、深夜労働時間が16時から翌朝9時迄の17時間労働となっています。きわめて過酷な労働条件で、志気が保てないと嘆いています。これは違法ではないのでしょうか。教えてください。 H.S
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

労働時間に関してですが、労働基準法 第32条により、1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。
これを法定労働時間といいます。
会社がこれを超える労働をさせるには労働者の代表と労使協定を締結し、労働基準監督署に届け出る必要があります。

もっとも、この届出をすれば無制限に労働させてよいというわけではなく、厚生労働省が定める限度基準として1カ月45時間が限度時間とされています。

さらに、上記法定労働時間を超える労働に対しては割増賃金の支払いが必要です。

このような届出が行われていない、届出が行われていても割増賃金の支払いがないのであれば労働基準法違反です。

ご友人が直接会社に言いづらいのであれば、匿名で労働基準監督署に申告することができますし、この申告に基づいて会社に指導・是正勧告がなされます。
貴方が労働基準監督署に相談することも可能です。

また、下記URLからメールで情報を送り、ご友人の職場の過酷な労働条件の改善を図ることもできます。
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html


質問者: 返答済み 4 年 前.

「労働者の代表と労使協定を締結」とのことですが、労働組合が組織されていません。この場合の労働者の代表とは誰を指すのでしょうか。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

労働組合がない場合は、労働者の過半数を代表する者を選出し、この者を労働者側の締結当事者としなければなりません。
会社が特定の労働者を指名したり、会社の意向によって労働者代表が選ばれた場合、その労使協定は無効です。

また、労使協定は周知義務といって、労働者がいつでも見れる状態(場所に置く)にしておく必要があります。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問