JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

持病があり人員不足から仕事量の増えた職場から転職したいと考えていた矢先、職場で不祥事を起こしてしまいました。退職の意

質問者の質問

持病があり人員不足から仕事量の増えた職場から転職したいと考えていた矢先、職場で不祥事を起こしてしまいました。退職の意思を告げたがが退職願いは受け取らない、始末書の提出を命ぜられ書きました。何日か働きましたが、自宅待機と言われて退職届けも出せません。職場に損害は与えていませんが、私の不始末を全職員に公表し弁護士を立てて口外しないように一筆書かせたそうです。不始末を起こした私がいけないので退職金は貰えないと諦めていますが、退職届けを出す方法があったら教えて下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 不祥事の内容が全くわからないので、懲戒解雇にされてもいたし方ないのに自己都合離職をしたいと思っているということなのかどうかわかりません。

 

 始末書提出命令に従う必要があるのか(ーないと解するのが一般)、退職金不支給となるのはどのような場合か(懲戒解雇の場合は退職金は支給しないとの不支給条項があるのか)、全職員に質問者様の犯罪事実(著しい非行)について暴露したことは名誉毀損罪にならないか(-この場合は不特定又は多数人の前であり公然といえるから犯罪成立の可能性が高い)、等についても、不祥事の内容も関係してきます。

 

 ただ退職届については、送りつけて、出社しなければ、それで終わりです。なぜなら、労働者には退職の自由(職業選択の自由ー憲法第22条)があり、2w前の告知のみ民法で義務付けられているからです。

 

 ★雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

雇用・労働 についての関連する質問