JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

はじめまして。 私の父について、お尋ねしたいことがあります。 どうか宜しくお願い致します。 父は63歳で、

解決済みの質問:

はじめまして。
私の父について、お尋ねしたいことがあります。
どうか宜しくお願い致します。

父は63歳で、長いこと1つの会社で頑張ってきました。
会社は家族で経営しており、数人雇ってやっていますが、株式会社にも関わらず社会保険は加入されていませんでした。
それを社労士の方か分かりませんが、指摘され、全員加入するが、定年を過ぎている父には、労災と失業保険などを支払いをやめ、アルバイトとして雇いますと言われたそうです。

退職金は、一切貰っていません。

社会保険を加入しても、構わないが、あなたの場合高くなりますよ、と言われ、更に社員全員が給料を下げると言っているそうです。

頑張ってきた父が、辞めたいと言っていて、生活苦が見えてきます。

質問ですが、社会保険に加入した場合とアルバイトとどちらがよいですか?
給料は変動しますが、大体40万円~30万円くらいです。

あと、会社で打ち切られた場合の、失業保険はまだ働くため、いつまで貰える期間などはありますか?

社会保険に加入するも何も、自分で考えるように言われたようで、相談には乗って貰えないようです。

是非宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

詳細がわかりませんので、何点かお教えいただけますでしょうか?

①お父様は定年を過ぎている、との事ですが、定年を過ぎても今でも正社員で働いていらっしゃるのでしょうか?

 

②アルバイトに変更、との話が出ているようですが、アルバイトになると月収はいくら位になるのでしょうか?またアルバイトとしての勤務形態は週何日の1日何時間労働になるのでしょうか?

 

③退職金は一切もらっていない、との事ですが、退職金制度がある会社なのでしょうか?

 

 

ご質問の内容に回答させていただくために必要な情報となりますので、ご返信いただけましたら幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 3 年 前.
早速のお返事、ありがとうございます。

質問の回答ですが、
1、今でも父は正社員で働いています。

2、アルバイトでの金額ははっきりと掲示されていないようで、とにかく自分で考えて返事をくれとのことです。
月収ではなく、出勤した分が給料に反映され、残業も正直どんぶり勘定だそうです。
日曜はお休みですが、現場によって違います。
朝は8時から残業なければ、5時までといった感じです。

3、退職金制度はよく分からないのですが、人によってか、10万円ほど渡したりしているようです。

宜しくお願い致します。
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

不確定な部分がございますので、わかる範囲で回答させていただけたらと存じます。

アルバイトであれば社会保険に加入しなくていい、と言っても正社員で30~40万円いただいているのであれば一般的には正社員で社保加入の方がよろしいでしょう。アルバイトで30万円近く稼げる人であれば話は別ですが。

またアルバイトといえどもそこまで稼ぐほど働いている人は社会保険には加入しなければいけないケースがほとんどです。アルバイトやパートであっても正社員と同じような労働時間であれば社会保険には加入が義務付けられます。

雇用保険も同様です。

また労災に関しては正社員だとかアルバイトだとかは関係ありません。全員を労災加入しなければなりません。

雇用保険の基本手当(俗に失業保険と呼ばれているもの)については受給は65歳までになります。お気をつけいただきたいのは、今から雇用保険に加入したとしても過去にさかのぼって加入できるのは2年までです。つまり今すぐ雇用保険に加入して過去2年分の雇用保険料を納めたとしても勤続2年、というカウントになります。

退職金に関しては、退職金制度を導入している会社は就業規則でそのルールを定めることになっています。退職金についてのルールが作られていない会社は退職金制度のない会社と言えます。退職金とは法律で義務付けられた制度ではなく会社の任意ですので、退職金がない会社も当然存在します。ですので、退職金に関しては会社に直接確認するしかありません。

質問者: 返答済み 3 年 前.
お返事ありがとうございます。

申し訳ありませんが、もう1つ質問をよろしいでしょうか?

雇用保険は、もう何年と支払いをしていると思います。
会社都合で、有限にしたり株式にしたり、その都度社会保険を加入、また解除?を繰り返していたようです。

もし、65歳まで働いたとして、雇用保険は受け取れないのでしょうか?
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

65歳を超えて働き続けて、その後失業した場合には「高年齢求職者給付金」が受給できます。いわゆる失業保険は65歳以降はこの給付金に切り替わるわけです。

失業保険を受給したい場合であれば、65歳きっかりまで働くのではなく、65歳になる少し前に離職して失業保険の受給手続きをすれば受給可能です。

加入、解除を繰り返していた、とのお話ですので、その点も含めて一度ハローワークにご相談いただいた方がよろしいようです。

加入していると思ったらしていなかった、などという事態も考えられますので、今現在、どのようになっているのかをハローワークで直接ご確認いただくのが確実です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問