JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

お世話になります。遠山といいます。今年4月に新人社員として入社して研修期間も終え、今は5か月目に入りましたが、私のミ

解決済みの質問:

お世話になります。遠山といいます。今年4月に新人社員として入社して研修期間も終え、今は5か月目に入りましたが、私のミスが発端で辞表を書くように言われました。自分が納得しないまま書かなくてはいけないのでしょうか?店長が言うには社長にすべてを一任するといわれたそうです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

ご相談内容を拝見させていただきました。

 

退職届を提出するのは会社に強制されるものではありません。したがって、会社の言う通りに提出しなくても良いです。

 

会社が従業員に退職を勧めることを「退職勧奨」といいます。退職勧奨は違法ではありません。労働者も退職するつもりがないならそれに応じる必要はありません。つまり、ほっておけば良いです。

 

退職勧奨が社会通念で考えて限度を超えると「退職強要」といって、これは違法です。今後、会社がしつこく退職を迫ってきたら、退職強要になる可能性があります。

 

退職強要に対しては慰謝料の請求も可能です。

 

今後の会社の出方ですが、退職勧奨に応じないことで、「解雇」してくる可能性があります。

ただし、解雇は労働契約法16条「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」により、簡単に有効とはなりません。日本の労働者は雇用がかなり守られているのです。少々のミスでは解雇は有効となりません。

 

退職届を納得しないまま書く必要はございません。

質問者: 返答済み 4 年 前.


遠山です。回答ありがとうございます。大体の内容はわかりましたが、退職勧奨と退職強要までの境目がわからないというか、何を判断で強要だと判断すればよいのでしょうか?


8月の12日に辞めてくださいと言われ、20日に言われ、散々な言葉の暴力を受け、正直辛いのが現状ですが、今辞めると、失業給付すらいただけないのです。せめて6か月になるまでまってくださいと言ってしまうと、退職勧奨にはならなくなるのでしょうか?教えてください。

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

お返事ありがとうございます。

 

退職勧奨と退職強要の境目はございません。例えば、退職を3回、勧奨されたとして、4回目の退職の勧奨から退職強要になるというものではありません。社会通念で考えて限度を超えると退職強要となります。社会通念というのは、一般的な考えとか社会常識で考えてというような意味です。

 

部下1人を部屋に呼びつけて、何人もの上司がその部下を取り囲んで圧力をかけて退職を勧奨とか、何十回も顔を合わせる度に退職を勧奨するとか、一般的に考えて限度を超えていますよね。そういうケースなどが退職強要となります。

 

もし、退職勧奨で6か月経過しての退職をお考えでしたら、「退職勧奨により、○月○日で辞めます」のような一文を入れて書面を会社との間で結べば、退職勧奨による退職となります。

もし、書面がなければ、退職勧奨は言葉によるものですし、言った言わないのトラブルになりやすいです。そうなると証拠がなく、自己都合になってしまう可能性が高くなります。

せめて6か月になるまでまってくださいと言う前に、書面を用意して、退職勧奨での○月○日での退職を認めるのであれば、退職勧奨に応じますというようにしたほうが良いです。

 

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問