JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

先日、急に会社を首になりました。 原因は社長との意見の言い合い、生意気な態度が原因と言われ、明日から来なくていいよ

解決済みの質問:

先日、急に会社を首になりました。
原因は社長との意見の言い合い、生意気な態度が原因と言われ、明日から来なくていいよと言われました。正直、首になるのは構いませんが、後日、会長の方から依願退職にしてく れと言われました。
自分としては、失業保険、解雇通告手当等をあてにしてたので、解雇のほうがよかったのですが・・・。
解雇は会社にとってデメリットはあるのでしょうか?
ちなみに会社は土木業で自分は勤続年数約16年(社会保険に入って7年)です。
退職金は社保に入って1日1万円の計算で約100万と言われました。
これも妥当でしょうか?
また、等会社は完全年棒制でどんだけ残業しても残業はなしの扱いでした。
これは労基に問題はないのでしょうか?
重ね重ねの質問ですがよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
まず会社から依願退職にしてほしいと言われ、解雇は会社にとってデメリットがあるかどうかですが、解雇は労働者にとっては生活の糧を失うことになります。そのため余程の理由が無い限り解雇を認めていません。

つまり労働者からの不服によって会社と争う場合には、高い確率で会社側が負ける 可能性が有るわけです。そのため会社は労働者側からの退職を進めているのです。

次に退職金の件ですが、こちらについては特に相場は決まっていません。
支払額については就業規則に詳細を定める必要があるのでそちらにどのように書かれているかによります。

最後に完全年俸制の場合の残業については、例え年俸制であったとしても実際に残業をしているようであれば、残業代の支払が必要となります。
よくあるパターンは、年俸制に残業代が含まれていると主張される場合がありますが、その場合であってもそれが何時間分に相当するのかを明確にしていなければなりません。

ご質問が多岐にわたっていますので、ご不明な点がありましたら返信してください。
質問者: 返答済み 4 年 前.


解答、ありがとうございます。


解雇、退職金の件は了解しました。


残業代についてですが、年棒制の場合ですと基準はどこからが残業になるのでしょうか?


ちなみにだいたい月平均の労働時間は200h~400hぐらいでした。


 

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
年俸制の場合、毎年の契約時に残業代が明確にされていなければ、それは残業代を含むとは言えません。

そのため特に残業代が明示されていなければ200から400時間分については未払いとなります。

もし残業代が明示されていないようであれば、退職金として100万円で会社は手を打とうとしていますから、残業代としてプラスアルファを要求してもいいと思います。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問