JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 403
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

現在、整体院を経営していますが、ペルパー2級を持っているので、介護施設との業務委託として仕事をしたいのですが、介護職

質問者の質問

現在、整体院を経営していますが、ペルパー2級を持っているので、介護施設との業務委託として仕事をしたいのですが、介護職における業務委託は認められていないと聞いたことがありますが、不可能なのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

この度は御相談頂きまして誠に有難うございます。

 

介護職において業務委託が絶対に認められないというわけではございません。明確に法律上では禁止されていないからです。

 

しかしながら、貴方が介護ヘルパーとして仕事をされるとなりますと、通常であれば勤務時間や仕事の内容について貴方の自由裁量で仕事を行なうというよりも介護施設からの指示・命令を受けて仕事をすることになるはずです。介護施設としましても顧客ニーズにしっかり応える事が求められますので、ヘルパーに自由裁量を認めるのは現実困難だからです。

 

そうであれば、貴方と介護施設の間の契約関係は、業務委託ではなく雇用契約になるものといえます。仮に業務委託契約書を取り交わしているとしましても、実態が優先されますので雇用契約として取り扱われることになります。

 

介護施設も偽装委託といった法令違反のリスクから、恐らくは雇用契約を希望される可能性が高いと思われます。どうしても業務委託で希望される場合は、勤務時間や仕事内容については貴方と顧客(要介護者)で全て取り決める等により施設側の指示命令を受けることなく仕事をされる事、労働者のように時間給や日給で報酬を貰うのではなく例えば「1件○○円」といったように歩合や成果払いとして報酬をもらう事が少なくとも必要と考えられますので、その旨施設側としっかり相談された上で決められる事をお勧めいたします。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。

介護職において業務委託が絶対に認められないというわけではございません。
明確に法律上では禁止されていないからです。

この部分がわかる内容が、どこかに掲載されていますか?

専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

ご返事下さいまして感謝しております。

 

ご質問の件ですが、単に法律上に禁止する定めがないということですので、特に何処かに掲載されているわけではございません。

 

逆に介護において業務委託が「絶対に認められない」ということであれば、重要な公的禁止事項ですので何らかの法律で明確に定められているはずです。そうした点については、お近くの労働基準監督署や弁護士等に確認されてもよいでしょう。

 

但し、先の回答でも申し上げました通り、実態としましては雇用契約に該当する場合が多いです。そのような場合ですと、雇用契約の義務を免れる為の偽装契約として違法性を問われることになります。

 

大切な事は、業務委託自体が違法か否かを考えるのではなく、業務委託としてきちんと認められるような契約内容を伴っていること、そうした点について契約当事者間で遵守することといえます。

雇用・労働 についての関連する質問