JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

会社でのいじめで、精神的におかしくなり精神科に行きました。そして、薬を出され翌日.きつ‘‘かぬうちに、その薬を全て飲

解決済みの質問:

会社でのいじめで、精神的にお かしくなり精神科に行きました。そして、薬を出され翌日.きつ‘‘かぬうちに、その薬を全て飲み、自殺をし図ろうとしたようで、幸い無事でしたが、いじめで、精神的に追い込まれ場合、会社に問題が、有るのか、いじめた側に問題が有るのか、私は、死にたいとか思っておらず、無意識に飲んで大量にそれで、警察も動き、警察と処置してくれた病院が、自殺未遂と判断したようなのです。精神的に追い込まれ、無意識に死のうとした?助かったからとは言え、許せないのですが、死んでいてもおかしくないので、そのために、かかった医療費、慰謝料、払ってもらいたいのですが、可能でしょうか?可能な場合誰に請求すればいいのでしゃうか?教えてください。よろしくおねがいします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.

大変な状況の中御相談頂き誠にありがとうございます。

 

会社でのいじめが原因で精神に異常を発生し、無意識のうちに自殺まで追い込まれたという事でしたら、会社での責任は重大なものといえます。会社には法律的にも労働者の健康維持を図る安全配慮義務がございますので、そうした義務違反に該当するものと考えられます。

 

厚生労働省が示している「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針」におきましても、職場でのひどいいじめは心理的な負荷が最も高いランクとされています。従いまして、いじめの事実が認められますと、労災の業務災害適用がなされる可能性が高いです。労災では医療費の全額に加えまして、休業日の賃金の8割(休業補償給付6割プラス休業特別給付金2割)の支給を受ける事が出来ます。

 

また、労災申請と同時に会社に対していじめといった不法行為の責任を追及し損害賠償請求を求める事も可能です。但し、治療費等労災から支給される分があれば、その分は差し引かれることになります。

 

問題はやはり会社側がいじめの事実を認めるか否かという点になります。悪質ないじめであればあるほど、損害賠償責任も重くなりますので、会社としてもあれこれ理由をつけて認めないことも考えられます。そうなりますと、労災適用については労働基準監督署の判断により決まりますし(万一労災認定されず納得が行かなければ裁判で争う事も可能です)、損害賠償については裁判等で争うことになります。

 

会社も調査をするということですので、取り敢えずはその結果を早急に出すよう要求されると共に、労災申請の手続きも進めておきましょう。会社が証明を拒んでも、貴方本人のみの申請も可能ですので、労働基準監督署で書類を貰って手続きを行われることが可能です。

 

ちなみに、会社がいじめは無かった等と言って責任を認めなければ、裁判で争うことは避けられないものと思われます。いじめ問題は立証する側も負担が大きいですので、そうした際は労働問題に精通した地元の弁護士に御相談されることをお勧めいたします。

質問者: 返答済み 3 年 前.

治療費などは、労災にする気はないようです。仕事の時怪我をしましたが、その事も、労災にしようとしなかったので、病院代自己負担なので、馬鹿らしくなったので、労働基準局に電話にて相談して、その事を会社に報告したら、慌てて、労災認定するための書類郵送してきました。ですから、いじめで自殺未遂を起こしたことを、知っていながら、何も無いので、基準局に相談したほうが良いのでしょうか?すいません。法律について詳しくないので、難しい言葉で、少し混乱しています。申し訳ありません。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.

ご返事下さいまして大変感謝しております。

 

回答の文言が難しかったとの事で大変失礼いたしました。法律的な事も説明しておく必要がございましたので難しい言葉も使わせて頂きました件ご了承下さいませ。

 

ただ、基本的には、前回の怪我の時のように労災を申請し、それだけで不十分でしたら足りないと思われる分について会社に損害賠償を求めることで対応されるとよいでしょう。

 

労災手続きに関しましては、先の回答で申し上げました通り、労働基準監督署に相談し申請する事ができます。ですから、まずは会社が労災対応してくれなければ、労働基準監督署へ行かれることをお勧めいたします。その上で、貴方が労災補償(病院費用と給与の8割補償)だけでなく、賠償金とか慰謝料を会社に払ってもらいたいのでしたら、監督署ではそこまで面倒みてくれませんので、弁護士に事情を相談して裁判するかどうかを決められるとよいでしょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.

回答有難うございます。社会労務士さんでは、保障の事などの請求は出来ないのでしょうか?弁護士でないと駄目ですか?会社は、休養保障のことは、本社と相談しているようなんですが、自殺未遂での、病院にかかった費用や慰謝料は、社 会労務士さんでは、出来ませんか?以前、違うことで、弁護士に相談行った事が有るのですが、ものすごく、対応も悪い上に、暴言まで、吐かれたために、正直、弁護士が怖いのです。すいません。社会労務士という、職業が、どんな内容のお仕事をせれるのか分からないので、すいません。でも、法律に詳しいようなので、お聞きしております。


 

専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.

こちらこそご返事下さいまして有難うございます。所用等で返答が遅れまして申し訳ございませんでした。

 

社会保険労務士で出来る仕事ですが、労災請求(※医療費や給与の8割補償が目的となります)の件でしたら大丈夫です。出来れば労働基準監督署には一緒に行かれるとよいでしょう。

 

但し、条件としましては、

・地元の社会保険労務士であること(何かあればすぐに直接相談したり、役所や会社へ行ってもらうことが必要な為)

・労災申請手続きの仕事経験が豊富な社会保険労務士であること(社労士にも、得意・不得意分野がございます。出来れば、労働者側に立って労災手続きをされた事がある方が望ましいです。)

 

勿論、貴方が調べるのは大変ですので、地元の広島県社会保険労務士会に用件をお伝えして紹介してもらうとよいでしょう(連絡先等はネット検索ですぐに分かります)。

 

一方、労災で支給されない慰謝料や損害賠償請求については、会社が請求に応じなければ最終的には裁判に持ち込むことになりますので、弁護士に依頼される事が原則として必要になります。社会保険労務士は、代理人として法廷に立つことは出来ませんし、損害賠償等の細かい知識もあまり持ち合わせてはいません。従いまして、万一労災申請が労働基準監督署によっても認められなかったり、または労災以外でも貴方がどうしても慰謝料や損害賠償をしてもらいたいということでしたら、弁護士の力を借りることは不可欠になります。

 

以前相談された弁護士が怖かったということですね‥ そうした弁護士も確かにいらっしゃいますが、少なくとも大半は真摯に相談に乗ってくれますよ。ただ、ご自身で探されるとまたたまたま悪い弁護士に当たるかもしれませんので、こちらにつきましても広島県弁護士会に事情を話された上できちんと相談してくれる弁護士を紹介してもらうとよいでしょう。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問