JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

緊急で質問させてください。平成25年7月30日に、9月14日に退職する旨の退職届を提出いたしましたが、7月31日に出

質問者の質問

緊急で質問させてください。平成25年7月30日に、9月14日に退職する旨の退職届を提出いたしましたが、7月31日に出勤した所、「今日までで退社してください」と言われました。その退職届に過去2年間にさかのぼる有給休暇を含めた退職日を記載したつもりでしたの で、退職日を9月14日に設定したのですが、結局、有給休暇も消化する事ができずに7月31日で退社させられました。退職日を指定して、退職届を提出したのにも関わらず、翌日に退社させるのは違法だと思いますし、会社都合による解雇だと思うのですが。現在、解雇予告手当の請求をするために、書状を書いていますが、このまま以前勤めていた会社に請求しても良いですか?もし、ほかに方法があるのなら、詳しく教えてください。一応、労働基準監督署には相談しております。追記ですが、7月6日に一度、口頭で7月31日で辞めますと伝えましたが、引き留められ、7月8日に7月31日で辞めますと退職届を提出しましたが、再度引き留められ、7月30日に再度、9月14日で辞める旨の退職届を提出した次第です。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

回答いたします。

 

いまの段階で解雇予告手当を請求しても解雇ではないと言われる可能性があると考えます。

 

まずは、会社に退職証明書の交付を請求して見ましょう。

 

退職証明書は労働基準法第22条で会社に労働者から請求されたら交付する義務があります。

 

退職証明書には退職の事由(解雇の場合は解雇理由)も記載されますので、そこで会社が解雇したのかどうかがはっきりすると思われます。

 

もし、会社が退職証明書の交付を拒むのであれば、労働基準法違反によって労働基準監督署に申告してください。

 

また、退職証明書に退職事由が解雇以外で記載されているならば、貴方自身が7/31に退職の意思表示をしていないことを会社に申し出て、出社し、有給休暇の申出をして、退職届どおりの9/14まで在籍し、退職すればいいと考えます。

 

会社があくまでも7/31で自己都合退職と言い張って、給料等を支給しないのであれば、未払い賃金として、これも労働基準監督署に法違反の申告をしてください。

 

あとは、労働基準監督署は労働基準法違反としての事件として取り扱ってくれない可能性もあるため、その時は労働局のあっせん制度や裁判所の労働審判を利用することになります。

 

労働局のあっせん制度は会社の労働者の紛争を第3者(弁護士等)が間に入って、円満に解決する制度です。

 

費用も無料で労働基準監督署でも相談にのってくれますので、労働審判等の前に利用するのも一つの方法です。

雇用・労働 についての関連する質問