JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

医師です。通常病院では、院内で医師に連絡が取れるように院内PHSが支給されています。しかし、この4月から勤務している

解決済みの質問:

医師です。通常病院では、院内で医師に連絡が取れるように院内PHSが支給されています。しかし、この4月から勤務している病院はPHSではなく一般携帯電話が支給されています。院外でも携帯が義務付けられています。ですので、電話をかけている側も、相手が院内、院外にいるのかわからずに電話をかけてきます。患者様からの電話相談など、通常では考えられないような電話が自宅にいてもひっきりなしにかかってきて困っています。このように職場内外、時間内時間外区別なく、携帯電話で職員を拘束することは法律上問題はないのですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

会社の携帯電話の常時携帯を義務付け、そこにかかってくる電話が業務に関連する内容であれば、それは労働時間と見なされます。

労働時間と見なされる、ということは賃金が発生することになります。

時間内時間外の区別なく携帯電話で拘束すること自体は法律上問題があるとは言えないのですが、時間外であればいわゆる残業になりますので、時間外手当(残業代)の支払いが必要となります。時間外手当を支払っていない状況であれば労働基準法上問題があります。残業代不払いだからです。

なお、残業の扱いだとは言っても、休日に関しては週に1日もしくは4週間に4日の休日を与えなければならない、とこれも労働基準法で明確に定められておりますから、およそ1ヶ月に4日は携帯電話の拘束もせずに休日を取らせなければなりません。

完全休日なく携帯電話対応をさせて、なおかつ残業代も不払いとなるとダブルで労働基準法違反です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問