JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

退職届を7/18に直属上司の課長へ提出し、退職届には退職日は8/20と記入しました。 次の日、課長は次長と部長に相

解決済みの質問:

退職届を7/18に直属上司の課長へ提出し、退職届には退職日は8/20と記入しました。
次の日、課長は次長と部長に相談に行った後、私を引き止めに来ましたが退職すると言い切りました。
7/25に部長が私のところへ来て、口頭で
「社長には連絡済みで8/20には辞めれる。」と回答を頂きました。

しかし、退職届は社長に届いておらず、課長が持っています。私が社長に届けてほしいと部長に言っても「うちの会社は大丈夫だから。問題ないから、事を荒立てることはしないように。」と言って
退職届を 社長に届けようとしてくれません。
社長以外は人事権を持っていないので提出したことになっていないのでは?と心配です。

私が8/20から会社へ行かなくなった後、8/21から無断欠勤扱いされて懲戒解雇にされる可能性はあるのでしょうか?内容証明・配達証明で証拠を残したほうがいいでしょうか?
日給月給制で、賃金締切期間は前月21日~当月20日のため、8/20に退職するためには8月5日までに申し出ないといけないみたいで焦っています。
7/18に課長へ提出した時の退職届のコピーと、提出するときに録音していたICレコーダーは持っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

さっそく回答させていただきます。

まず退職できるか否かの問題ですが、8/20に退職できます。民法627条にて「2週間前までに申し出をすれば退職できる」と退職の自由が認められています。会社の就業規則で「2ヶ月前まで」とされていても、法律の定めが優先するのは言うまでもありません。1ヶ月前に申し出たわけですから8/20で退職することに何ら問題はありません。

何ら問題ないわけですから損害賠償を請求されるいわれもありません。

しかも退職届を提出した際の録音もされているのであれば、後で会社が難癖をつけてきてもいくらでも反論できます。

ただしご相談者様が「社長へ通じていないのでは」とご心配が残るようであれば、内容証明で社長あてに内容証明で退職届を郵送すれば万全と言えます。

現状までにご相談者様が取られた行動で十分であると思いますが、万全を期すのであれば内容証明での郵送をした方がよろしいでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


 


「人事権のある社長に退職の意思表示をしていない。」と、難癖をつけられるのも困りますので退職届を郵送することにいたしました。


社長宛に内容証明で退職届を郵送する場合ですが、7/18に課長に提出した退職届のコピーを郵送したらよろしいでしょうか。(原紙は課長か部長が持っているので用意できません。)


それとも、新たに退職届を書き直したほうがよろしいでしょうか。


もし新たに書き直して提出する場合は、退職届に記入する「提出する日付」は7/18ではなく、郵送する日に変更したほうがよろしいでしょうか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

新たに書き直すべきです。

そして新たに書き直す場合に、郵送する日にしましょう。郵送する際に郵便局員が内容をチェックしますので、日付がずれているのは好ましくありません。

内容証明で新たに提出することになっても「2週間前までに」社長に届けば問題はありませんが、極力早めに内容証明の手続きを取られた方がよろしいかと存じます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

度々の質問で恐縮ですが、民法627条の2項に、月給制により勤務している場合は、賃金締切期間の前半に申し出れば、その賃金締切期間の末日に退職することができ、賃金締切期間の後半に申し出れば、次の賃金締切期間の末日に退職することができるという規定を見かけました。


 


私の会社は日給月給制で2項に当てはまってしまうと思うのですが、会社の賃金締切期間が前月21日~当月20日のため、8/20に退職するためには8月5日までに郵送したらよいと考えればよろしいでしょうか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

「2週間前までに」、と考えていれば間違いありません。

先の回答でも申し上げましたように、極力早めに手続きされた方がよろしいです。

失念してしまう、災害等で郵便局の郵送業務が遅れる、などいくらでもリスクはあります。それらのリスクを回避するためにもギリギリに手続きするのではなく、日程にゆとりを持ってお手続きして下さい。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問