JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

職場の賃金の事でご相談します。 経営者の知り合いでもある派遣業者の紹介で現勤務先に紹介され、正社員に採用されました

解決済みの質問:

職場の賃金の事でご相談します。
経営者の知り合いでもある派遣業者の紹介で現勤務先に紹介され、正社員に採用されましたが年齢からして安い基本給+諸手当で勤務しています。
最近勤務先が求人をかけたのですが、採用内容が勤務している社員よりも良い基本給・ありえない休日日数で募集されているではありませんか。
しかも飛びぬけて高い経験を求めているわけでもありません。
これならば現社員の給与で昇給があってよいのではないかと同じ部署の一人が経営者に質問したのですが一切説明はありません。
実際他部署の一部社員は給与をあげてもらっているのです。

この件で何度か問い合わせしても経営者が一切返答をしない一方で、直属の上司にはかなりの圧力がかけられています。経営者の「ご機嫌」をそこねたようなので部署全員が退職に追い込まれかねません。
以前ろくに経験のない中途採用者を高給で雇い、もっと安い給与で勤務している先輩が指導して成長しないまま能力不足として解雇した事もあり、現場では給与について不満があるのですが、この時本人には三か月分の給与まで支払われました。
育て切れなかったお前たちが悪いと言わんばかりで、部署評価はマイナスなのでしょう。

今回の求人をきっかけに説明を求め、昇給を求める事はできないのでしょうか?
一部の社員が賃金をあげてもらっていながら、大きな過失もしていない社員がそのまま放置されるなどたまりません。この圧力・沈黙にどう対応すればよいでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

さっそく回答させていただきます。

新たな求人の雇用条件を理由として、自らの昇給を会社に要求する法的な権利は残念ながらありません。雇用契約時に賃金については双方納得の上で契約を締結しているからです。

ただし他部署の従業員が昇給しているにもかかわらず、特定の労働者のみが昇給を見送られているというのは、昇給を要求できる可能性が残されております。

まず確認しておきたいのは、昇給について就業規則でどのように定められているかです。もしくは当初の雇用契約の際に昇給についてどのように定められていたか、です。

昇給の事項については労働契約締結時や就業規則でその内容を労働者に明示する義務を会社は負っています。

全社員一律で昇給するような内容になっているのであれば、一部労働者だけが昇給し、他の労働者が昇給しないのは会社の違反行為です。

会社によっては「勤務成績を勘案して」など、昇給に条件を加えているところもあります。このような場合には一部の労働者のみが昇給対象となる事もあり得ます。

そのため就業規則や当初の労働条件がどのようになっているのかをまずは確認しなければなりません。そのうえで一部の労働者だけが昇給するのは就業規則上・労働条件上、おかしいという状態であれば、会社に昇給を要求することができます。

昇給に関してはその会社ごとにルールを設定することになっており、法律で「昇給させなければならない」と定められているわけではないので、会社がどのような定めをしているのかによって判断していただければと存じます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご返答ありがとうございます。


再度お尋ねしたいのですが


 


>まず確認しておきたいのは、昇給について就業規則でどのように定められているかです。もしくは当初の雇用契約の際に昇給についてどのように定められていたか ということなのですが


 


勤務先の就業規則は当方が採用後に整備されたものがありますが、昇給についての記載はありませんし昔存在した労働組合も解散したような中小企業です。


雇用契約書といっても昇給についても明確な提示があったわけではありまん。


もはや個人商店同様の企業です。


昇給した他の社員も経営者に個別交渉し、同じ部署の者もそれに便乗したというのが実態です。


特別な功績があったわけでもない、当方より後から入社した者まで昇給しています。


人事総務のプロともいうべき幹部も不在で経営者に「言った者勝ち」のような企業ですので、今回のように怒らせた場合の「報復」がありえます。


 


最悪辞めさせてやると「解雇圧力」があった場合にはどう対応すべきか?


昼休み中に延々電話で高圧的な話をされるのを辞めさせられますか?


最悪、会社都合退職として給与の何か月分を要求する事はできますか?


何度もすみませんがご返答お願いします。


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

①最悪辞めさせてやると「解雇圧力」があった場合にはどう対応すべきか?

⇒労働基準監督署へ申告する、あっせんの申立てをする、労働審判の申立てをする、といった対応が考えられます。

 

②昼休み中に延々電話で高圧的な話をされるのを辞めさせられますか?

⇒高圧的な話という事は、パワハラとなる可能性があります。当然パワハラ行為は許されるものではありません。①と同様に、労働基準監督署への申告、あっせんの申立て、労働審判の申立て、といった対応が考えられます。

 

③最悪、会社都合退職として給与の何か月分を要求する事はできますか?

⇒要求することは可能です。しかし会社には支払わなければならない法的義務はありません。

金銭的要求をしたいのであれば、パワハラが原因で辞めざるを得なかった、だから精神的苦痛の慰謝料を払ってほしい、というあっせんや労働審判の申立てをすることです。そこで第三者(あっせん委員や労働審判官)に判断をしてもらい、和解という形で和解金を払ってもらうことです。

 

あっせんと労働審判について以下に記載させていただきます。

 

【あっせん】
都道府県労働局に申し立てをし、あっせん委員と呼ばれる専門家が労使双方の主張を聴き、和解案を提示してくれる国の制度です。費用はかかりませんし、弁護士などの専門家を依頼する必要もありません。また、証拠の確認は行いません。
労働基準監督署内の総合労働相談コーナーでも申し立ての受付を行っております。

ご参考までに福岡労働局ホームページの該当箇所URLを以下に添付させていただきます。

http://fukuoka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/sodan03.html#02

 

 

【労働審判】
労働審判は地方裁判所に申し立てを行います。申し立てをすると、労働審判官(裁判官)と労働審判員(弁護士などの専門家)が労使双方の主張を聴き、証拠の確認を行い、原則3回以内の審理で、調停や審判で解決を図ってくれる国の制度です。
裁判ではありませんので、弁護士を依頼する必要はありません。当事者には参加義務があるので、労働者が申立てをすれば、会社側は労働審判への参加を拒否できません。
調停や審判に双方が合意して和解すると、その内容は裁判の判決と同等の効力を持ちます。
提示された審判に最終的に労使双方もしくは片方から異議申し立て(その審判は受け入れられない、という不服)がなされると労働審判は打ち切りとなり、通常の訴訟に自動的に移行する、という仕組みです。

ご参考までに、裁判所ホームページの労働審判のURLを添付させていただきます。

<労働審判制度とは>

http://www.courts.go.jp/saiban/wadai/2203/index.html

 

 

 

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問