JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

7/16に就職した会社ですが、試用期間中の退職を考えています。理由としては雇用契約書には8時から17時と記載があるの

解決済みの質問:

7/16に就職した会社ですが、試用期間中の退職を考えています。理由としては雇用契約書には8時から17時と記載があるのですが、実際は現場に移動する時間があるのでそれよりも拘束力が長い。 朝は早いとは聞いてのですが朝6時集合・19時30頃帰社とは思いませんでした。
休みも契約書には日曜日は書いてあるのですがそのほかの休みは定まっていなく前日にメールで送られてくるというものでした。これは全く聞いていないのでおかしいとおもいました。
さらに辞めたいことを社長に伝えたところ試用期間が3ヶ月あるのでそれまではいてほしいと言われました。正直体力的にもきつく体調も崩してしまったのですぐにでも辞めたいのは山々ですがどのようにしたらいいか困っています。
試用期間に拘束力はあるものでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

退職について回答させていただきます。

当初の雇用契約の労働条件と実際が異なる場合は、労働者は即座に労働契約を解除できることになっております。これは労働基準法15条2項に定められております。以下に条文を掲載いたします。

【労働基準法15条2項】

明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。

 

つまり試用期間というものにご相談者様を拘束する力はなく、ご相談者様は上記条文を根拠に「即時に」労働契約を解除することができる、つまり退職することができます。

この条文を盾に、きっぱりと退職の意思を会社に示して退職していただけたらと存じます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答いただきありがとうございます。


社長に電話した際に試用期間の事ともう一点、辞表を出せと言われました。


試用期間での退職の場合も辞表の提出は必要でしょうか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.
試用期間であっても労働契約は成立しておりますので、退職の申し出をされるのであれば、辞表は提出すべきでしょう。
試用期間という言葉はあっても、通常の雇用と変わりはありません。
sr_hossyをはじめその他2 名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問