JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

会社を退職するにあたり、誓約書の捺印を求められております。 内容によっては、今後の自身の活動に不利なるのではと心配

解決済みの質問:

会社を退職するにあたり、誓約書の捺印を求められております。
内容によっては、今後の自身の活動に不利なるのではと心配です。
アドバイスお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
誓約書についてもう少し詳しく教えてください。
具体的にどのような内容でしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.


誓約書書面は以下の内容です。


 


1.私は在職中に知り得た貴社及び貴社の顧客の経営上、技術上、営業上その他一切の情報(個人情報を含み、以下「本件情報」という)の秘密を退職後も漏洩しません。


2.私は貴社から入社以降に使用を許可されたパソコン類、情報が含まれた書類、名刺類(在職中に交換したものを含む)、CD-ROM、USBメモリ等磁気媒体や電子ファイルその他一切の書類(複製物含む)情報資産を返却します。


3.退職後、在職中に知り得た本件情報を使用しません。また本件情報を使用して、貴社と競合あるいは競業する行為を行いません。


4.退職後、貴社及び関連企業、または個人に対する誹謗中傷、名誉を傷つける行為をしません。


5.前各項に違反した場合、それによって貴社が被った一切の損害を賠償することを制約します。

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
内容については一般的なもののようです。
退職後にこれまでの会社と同様の仕事を、ご自身で始めるというのでなければ特に問題とならないでしょう。

誓約書の提出を拒否することができるのであれば、それにこしたことはありません。
ですが、それによって支障が生じるようであれば提出しても構わないでしょう。

誓約書の中で特に気になる点があれば、上げてみてください。

質問者: 返答済み 4 年 前.


2項の情報物や名刺等は、前々職(半ば倒産した会社)離職時より持ち込んだものもあり、それも提出する義務があるのでしょうか?


 


3項に関して


社長と私の2名で営業している会社で、商品アイテムが全くことなっておりました。引き継ぎ書類提示を求められ、提出はしましたが、できない内容の仕事は


しないと口頭で聞きました。


商談中のものもあるなか、客先に連絡有無をききましたら直接はないとのこと


で、このまま放置では客先に迷惑をかける可能性があります。


 


退職後、同業他社(私が扱った商品アイテム)の契約社員か自営でその会社と契約するか検討中であるがゆえに、後に賠償請求されても困るので


理解した上で、捺印したいと考えてます。怖いです。


 

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
2項の情報物や名刺等は、前々職(半ば倒産した会社)離職時より持ち込んだものもあり、それも提出する義務があるのでしょうか?

今の会社に入社前のものについては、提出する必要はないでしょう。

引続きについてはできる範囲ですればいいでしょう。
できない点については、その旨を会社に報告すればそれで完了です。
後の対応は会社が考えることです。

退職後に自営をされる予定との事ですが、基本的な考 え方としては、退職後は憲法でも職業選択肢の自由が保障されています。

それにもかかわらず、競業行為を禁止するためには、その期間や地域などが限定されなければなりません。またそれなりの退職金の支払等も必要となります。

そうは言っても相手が損害賠償請求することも自由です。(払わなければならないかどうかは別の話ですが)

退職後に自営業をされるようであり、このような面倒を避けたいようであれば、誓約書にサインしないことをお勧めします。
もちろんサインをしないことによって辞めることができないということも認められません。
質問者: 返答済み 4 年 前.


判断にこまってしまいました。


サインしないともめることになりそうですし、前職より引き継いだお客様を現会社のお客様として対応しておりましたので、よほど現顧客に口座変えてほしいなどとと営業しなければ問題ないのでしょうか?


自営といっても、メーカーなどがやりきれない仕事の業務支援等と、他メーカー品の販売をその販売会社の営業応援で対応する予定です。


 


申し訳ございません、今一度アドバイスお願いします。

質問者: 返答済み 4 年 前.


判断にこまってしまいました。


サインしないともめることになりそうですし、前職より引き継いだお客様を現会社のお客様として対応しておりましたので、よほど現顧客に口座変えてほしいなどとと営業しなければ問題ないのでしょうか?


自営といっても、メーカーなどがやりきれない仕事の業務支援等と、他メーカー品の販売をその販売会社の営業応援で対応する予定です。


 


申し訳ございません、今一度アドバイスお願いします。

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
多少、今の会社から損害賠償請求などの嫌がらせを受けることでも構わないというのでなければ、誓約書にサインし てもいいでしょう。

今の会社の顧客に対して営業をかけるのでなければ、問題ありません。
顧客の判断であなたと取引することを選んでいるからです。

ただし、さきほども申し上げたように今の会社が損害賠償請求をしてくる可能性もあり、それ自体は問題とはなりません。この場合、その損害賠償が正当かどうかを証明するのは今の会社となります。

また、競業行為を行わないことに対して金品の支払などの特約等がなければ認められません。退職金などの支払もないのであれば、その可能性も高くなります。

また損害賠償額を確定するためには裁判を起こさなければなりません。
どの程度の額になるかによるでしょうが、今の会社が弁護士費用まで負担して裁判をするかどうかを考えるとあまり現実的ではないと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ある意味で、心配しすぎと考えました。


ありがとうございました。


 

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
回答にご納得頂けたようであれば、評価もお願いします。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問