JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

ここ数年で何度もリストラを行っている大手企業に勤務しています。 昨日、「パフォーマンスが低い」ことを理由に早期退職

質問者の質問

ここ数年で何度もリストラを行っている大手企業に勤務しています。
昨日、「パフォーマンスが低い」ことを理由に早期退職プログラムへの応募をすすめられました。

ますます業績が悪くなっていることは理解できますが、
1年前に最初の大規模な募集があった際、
「あなたはいてもらいたいひと」「形式的に全員に説明しないといけない」と言われたにもかかわらず、
今回上記のような理由を挙げられたことと、割増退職金が当時提示されたものの半額になっている点が ひっかかっています。

労基法に抵触するようなことはありません。
割増金も「出るだけまし」という考え方や「条件が悪くなるのは当然」という考え方もわかります。

けれども、上記の面談でのコメントを聞いて「まだまだやっていける」と判断し、
同業他社の内定を辞退した経緯もあり(会社側はまったく知りません)
年齢的にも相当厳しい転職活動になることは目にみえているため
1回目と同額での退職を交渉できないかと思っています。

正面から言っても「これがルール」と突っぱねられることが予想されるのですが
弁護士さんに相談したり同席してもらうことは可能なのでしょうか。

また、回答期限が非常に短く(来週末)、このことも非常に不満です。
保留することに問題はないのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

ご相談者様のおっしゃられる通り、会社のやり方に法的な問題はありません。そのため労働基準局等の行政機関に相談しても取り合ってはもらえない内容です。

そして申し上げづらい事ですが、他社の内定辞退についてもお勤めの会社にとっては関係のない事項です。むしろそのような件を会社側に伝える事で早期退職の対象者として手続きを早めてくる可能性すらあります。

ご相談内容である

「弁護士さんに相談したり同席してもらうことは可能なのでしょうか。」

ですが、それは可能です。ただし会社が違法行為を行っているわけではないので、同席については会社が認めた場合に限られるでしょう。弁護士さんも会社側に同席を強制する権限はないからです。

そして

「保留することに問題はないのでしょうか。 」

とのご相談ですが、保留することに問題はありません。早期退職に応じるか否かは労働者(ご相談者様)が決定される事です。

ただし保留することによって2回目の募集が終了してしまい、3回目の募集で声をかけられ、さらに割増率が低下している可能性があることは十分に考えられます。

 

会社側にご相談者様の要望を伝える事は非常に重要です。あとは会社が要望に応じてくれる会社かどうかをご相談者様が見極める必要があるでしょう。

今までの経験則から申し上げますと、1件の例外を認めると、他の労働者へも同様の対応をしなければならなくなるため会社が応じる可能性は極めて低いと予想されます。

今回の募集がどれくらいで打ち切られるのか、今回の募集で早期退職に応じた方が得策なのか、あるいは早期退職には一切応じないで今の会社で勤続するスタンスを貫くか、ご相談者様がどのような選択をするのがベストなのかをご決断する必要があります。

 

 

雇用・労働 についての関連する質問