JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

転勤の辞令に関する質問です。この度3月31日に退職致しました。前職での話です。東京に勤務しており、来年の

解決済みの質問:

転勤の辞令に関する質問です。 この度3月31日に退職致しました。前職での話です。 東京に勤務しており 、来年の福岡拠点立ち上げににおいて福岡への転勤の話を直属の上司より 密室にて1対1で行われました。その際に上司より「これは辞令だから断れないよ。断るとこの先、この会社には居ずらいよ」と口頭で言われ2日間の考える時間を与えられ断れないから一旦、承知致しましたが結果、先行きが見えず退職しました。また同じ内容で打診された同僚は辞令では無く、相談であると言うことで一旦、断ったそうです。 後ほど、この会社の人事部よりこの内容が本当の辞令では無く、本来の転勤辞令は人事部との話し合いで本人と会社が納得して発令されるもであり、この上司の発言は「辞令」というキーワードを使ったパワハラ、コンプライアンス抵触発言であるとお聞きしました。 その通りで間違いないでしょうか?この場合、この上司の発言は法律に触れる可能性はありますか?その場合は何違反でしょうか? 私としては人生を狂わせた発言です。何か良い対応はありますのでしょうか?悔しくて仕方ありません。 現在、復職に向けて動いております。 この件に関してアドバイスをお願い致します。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>前職での話です。 東京に勤務しており 、来年の福岡拠点立ち上げににおいて福岡への転勤の話を直属の上司より 密室にて1対1で行われました。その際に上司より「これは辞令だから断れないよ。断るとこの先、この会社には居ずらいよ」と口頭で言われ2日間の考える時間を与えられ断れないから一旦、承知致しましたが結果、先行きが見えず退職しました。

 

→虚偽の事実を申し向け、労働者の判断を誤らせたという場合ですから、詐欺にあたり(要件:詐欺者の故意、ぎもう行為、錯誤、錯誤による意思表示、詐欺が違法であること)取り消しが可能です(民96条1項)。

 

 >現在、復職に向けて動いております。 この件に関してアドバイスをお願い致します。

あっせん、労働審判等で職場復帰の話合いを行うことになります。

 

 

 ★企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。社労士法第2条1項3号(相談・指導)に基づく回答です。個々の具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

質問者: 返答済み 4 年 前.


有難うございました。


 


もう少し具体的にお話しをお願い致します。


 


この件に関して辞令でも無いのに「辞令」だとし強制的に承諾させる行為は


詐欺、パワハラと会社側へ異議を伝えてもよろしいでしょうか?


 


復職に関しても現在、人事部との話で条件面(元の職位に戻すなど)


でこの件を材料にしてもよろしいでしょうか?


 


 

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 質問者様の意思表示を行う過程で詐欺→錯誤があり、瑕疵ある意思表示を行ってしまったという典型的事例です。 

 

 方法は会社の内部機関の処理によることも可能である場合ならば、外部の第三者機関に訴えるまでもなく、このような主張を行えばよいと思います。

 

 ★企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。社労士法第2条1項3号(相談・指導)に基づく回答です。個々の具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問