JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

残業時間が今まで多く、出勤しても出勤した事にしない生活をしていたのですが、残業代が出る事になり、直属の担当部長に『こ

解決済みの質問:

残業時間が今まで多く、出勤しても出勤した事にしない生活をしていたのですが、残業代が出る事になり、直属の担当部長に『このままだとあんたを切って二人雇った方が安いと本部長に思われるかもしれないよ』と言われました。そんなことあるのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

雇用を脅かせるような発言が本部長からされていますが、解雇は、労働契約法16条「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」により、簡単に有効とはなりません。

 

まして、「残業代を出るようにしたから」という理由で解雇が有効となることはないのでご安心ください。

 

文面を読ませて頂いた限りにおいて、貴方に非はまったくありません。責任感から早めに出勤されているようですが、作業をされているのであれば、その時間から労働時間の計算が始まります。そして、1日だと労働時間が8時間を超えたところから会社は割増賃金を支払う必要があります。残業代というのは、残った場合にだけ支給されるわけではありません。

 

会社は「早めの出勤を命じていないから労働時間ではない」と言ってくる可能性がありますが、その状態を知っておきながら、黙認していたのであれば、やはり、労働時間となります。

 

出勤ではない出勤というのは、出勤したのにもかかわらず、休み扱いにしてその日の分の給料を支払わないということでしょうか。出勤をさせて労働させれば、当然、給料を支払う必要があります。支払わなければ、賃金未払いで労働基準法違反です。

 

本部長の発言は、パワハラに該当してくる可能性もあります。対処法としては、本部長に対して、毅然とした態度でそのような発言をやめるように言う方法や、労働基準監督署に行って、労働局長の助言・指導をしてもらうことが考えられます。

 

賃金の未払いについては、労働基準法違反なので、労働基準監督署に「申告」することもできます。残業代が出るようになっても、まだ、労務管理に問題があるようなので、行政(労働基準監督署)の力をかりてさらなる改善を求めていくのが良いのではないでしょうか。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問