JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

警備会社に勤めているものです。労働組合はありません。  今回、会社支給の交通費が定期代でなく、日割り支給になると通

解決済みの質問:

警備会社に勤めているものです。労働組合はありません。
 今回、会社支給の交通費が定期代でなく、日割り支給になると通知がきました。
ただ、全ての社員が対象ではなく、警備先によって出勤日数の少ない隊のみ行うと
してきました。
 業績が悪くて全社員が対象であるならばまだ理解できるのですが、こういったことは社員間の不公平を生むと思います。やめさせる事は可能でしょうか?
 その前に、法的に会社側はこのような行いを許されているのでしょうか?
 お知恵をお借りしたいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。
早速、回答させていただきます。

本来、交通費(通勤手当)の支給は法律上、会社に義務付けられたものではなく、会社が自由に決定することができるものです。
よって、支給対象をすべて の社員ではなく、警備先によって変えることも自由です。
実際、交通費自体の支給がない会社も少なくありません。

しかし、ご相談者様のケースのように、もともとあった交通費を減額したりする場合は別です。
交通費が会社の規則として定められていれば、それは労働条件の一つですので、会社にはその通りに支払う義務が発生し、また、その労働条件を変更(交通費の減額)を会社が一方的に行うことはできません。

法律上の根拠としましては、労働契約法第3条「労働契約は労働者および使用者が対等の立場における合意に基づいて締結し、または変更すべき」、また、同法第8条「労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる」です。

まず、このような法律上の根拠を引き合いに出して、会社とお話ししてみてください。
それでも、会社が一方的に変更してくるのであれば、行政に介入してもらうしかありません。
そのような場合は、労働局長による助言・指導制度が利用できます。
労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターにご相談ください。
相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/2.html
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問