JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

育児休暇中、第2子を授かり先日会社に報告したのですが、育児休暇・産前産後給付金又、第2子の育児休暇は認められましたが

解決済みの質問:

育児休暇中、第2子を授かり先日会社に報告したのですが、育児休暇・産前産後給付金又、第2子の育児休暇は認められましたが、復帰後、降職・雇用転換(社員から準社員)をすすめられました。会社の服務規定でも産後の復帰は認められているのに降職などを進められる事に納得できません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

業務上、何の落ち度もないご相談者様を会社が一方的に降格や雇用形態の変更をすることは認められません。それら労働条件の不利益変更には労働者の合意が必要であると、労働契約法3条及び8条にきちんと定められております。

会社が一方的に変更することができないのを、会社は理解しているものと思われます。ですから業務命令で「降職」「準社員への転換」とは言ってこないで、「すすめられる」に留まっているのです。

ご相談者様が納得できないのはごもっともです。

納得できないのですから、そのすすめには絶対に応じない事です。繰り返しになりますが、会社が一方的に降職や準社員への転換はできないのです。ご相談者様の合意がなければでkじないのです。絶対に応じない事です。

拒否しているにもかかわらず執拗かつ高圧的にすすめてくるようであれば、パワハラの可能性が出てきます。

そうなったら労働基準監督署や、群馬労働局の雇用均等室に相談して会社に対して指導してもらって下さい。ご参考までに群馬労働局雇用均等室のホームページURLを以下に添付させていただきます。

http://gunma-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/roudoukyoku/gyoumu_naiyou/kintou.html

 

ご相談者様が既にご存知の通り、育児休暇等は法律で認められた労働者の正当な権利です。その正当な権利を行使しただけなのに不利益な取扱いをすることは認められません。許されません。

違法行為である以上、上記のような行政機関が相談に乗ってくれ、必要とあれば会社に指導を行ってくれます。自信を持って会社のすすめは拒否して下さい。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

補足で説明しますが、私の会社は大手の企業で東京に本社があり店舗を現場といいます。上司の話では本部務めであれば短縮勤務や看護休暇などとれるが現場では不可能。特に今の職位では現実的に無理 なので降職・雇用転換して子供が大きくなったら復職すればいいといっています。準社員から今の職位につくまでは再度の試験があり道のりもかなり難しいものです。また、職務規定で本部と現場での差別も納得できません。(同じ職位で本部と現場の扱いが違いすぎる)会社のユニオンなどの相談窓口等もありますが、このような場合、上司側に有利になる運びもあります。今後の現場で働く女性社員の為にも職場環境を向上させるため外部機関での助けが欲しいです。

雇用・労働 についての関連する質問