JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

パワハラで、人事部に呼び出されます! 相手が想像以上のダメージをうけたことから、自ら認めるつもりてす! 何か、注

質問者の質問

パワハラで、人事部に呼び出されます!
相手が想像以上のダメージをうけたことから、自ら認めるつもりてす!
何か、注意点はありますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

ご相談内容を拝見させていただきました。

 

人事部と相対するにあたっての注意点は、公平性を欠いた調査や判断をされる恐れがあるということです。ケースによっては、パワハラを行ったとされる側の弁明が一切、聞き入れてもらえないことがあります。また、 パワハラが事実としても、事実以上に誇張されることがあります。その結果、転勤や降格などの命令が出る恐れがあります。

 

なので、対処法としては、パワハラを認めるにしても、貴方の弁明(主張)を人事部にしっ かりと聞いてもらうことです。そして、事実ではないことを認めないようにすることが肝要です。人事部から呼び出しがあったということは、人事部は昔の部下の主張だけを現在は聞いている状態です。ということは、昔の部下が事実以上に誇張して人事部に伝えているかもしれません。場合によっては、事実ではないことを伝えているかもしれません。なので、貴方はまず、人事部を通して、昔の部下がどのような主張をしているかを確認する必要があるでしょう。

 

もし、事実と少しでも異なるようなことがあれば、事実を正確に伝え、否定するところは否定しなければいけないです。そして、公平な調査を会社に求めることです。

 

その他、貴方が人事部に相対するにあたって主張しておいたほうが良いことは、「指導」であったということです。昔の部下が人事部に訴えたということは、もしかして、指導が行き過ぎた面があったのかもしれませんが、「部下を思っての指導」だったということを分かってもらうように主張したほうが良いでしょう。

 

 

 

雇用・労働 についての関連する質問