JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

中小企業の経営者です。土日休みの完全週休2日制をとっています。休暇を入れると年間休日が123日程になります。これに年

質問者の質問

中小企業の経営者です。土日休みの完全週休2日制をとっています。休暇を入れると年間休日が123日程になります。これに年間有給休暇入れますと会社の運営が難しくなります。そこで毎週の土曜日の休日を就業規則に明記の変更により有給休暇に振り替えることが出来ないでしょうか。
宜しくご指導ください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
確かに土日休みの完全週休2日制をとっていると、それでなくても年間休日が多いのに、さらに有給休暇となると少人数の会社ではかなり負担感が高くなります。

ご相談者様が言われるように有給休暇を効果的に活用する方法がありま す。
この仕組を有給休暇の計画的付与と言います。有給休暇の計画的付与を活用することによって、有給休暇を土曜日だけでなく夏休みや年末年始の休暇に当てることも可能です。

有給休暇については、本来労働者が希望する日に与えることが前提となりますが、計画的付与については5日分についてのみ労働者の希望する日としなければなりません。

残りの日については計画的付与とすることよって土曜日等に消化させることができるようになります。この制度の導入については就業規則に記載が必要となります。また労使協定の締結が必要となります。

ただし、今回のご相談のケースでは労働条件の不利益変更となりますので、事前によく説明のうえ導入することが必要となります。

具体的な導入については、岡山労働局に詳細がありますのでご参照ください。

年次有給休暇の計画的付与制度の導入に向けて:http://okayama-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/roudoukijun_keiyaku/kanri06.html
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答有り難うございました。.現在の就業規則は変形労働時間制カレンダーに明記になっています。その前は第一・第三・第四を会社休日とし第二・第四を有給休暇として届け出てました。ただし、5日を残すということと中途入社については有給という明記にしておりました。違法になりますか。

再度で申し訳ありません。

 

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
有給休暇の計画的付与制度を導入するためには、就業規則にその旨を記載し、労使協定を結ばなければなりません。

また労使協定には、対象となる休暇日数や具体的な付与方法、有給休暇を持たない者の取り扱いについても書面に定めなければ無効となります。

仮に変形労働時間制をとっている場合であっても、先の要件を満たさないようであれば正式な制度とは認められません。

頂いた情報の詳細が不明なのですが、計画的付与の導入要件に足りない点があるのであれば改める必要があるでしょう。

雇用・労働 についての関連する質問