JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 408
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

今秋60歳の定年を迎えます。会社から定年後の就業について契約書が提示されました。内容は勤務地、業務、報酬などについて

解決済みの質問:

今秋60歳の定年を迎えます。会社から定年後の就業について契約書が提示されました。内容は勤務地、業務、報酬などについて記されていますが、この契約は1年ごとに更新する旨に加え、契約中であっても、双方からの申し出があれば、「如何なる理由であっても」契約を途中で解除できるとなっています。これは、本年4月より、65才までの雇用を義務つけた高齢者安定雇用法の趣旨に抵触しませんでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

この度は御相談頂きまして誠に有難うございます。

 

御相談の件ですが、1年毎に契約更新の形式を採ることが直ちに法令違反とはなりません。

 

但し、厚生労働省の解釈によりますと、高年齢者雇用安定法の趣旨にかんがみれば、年齢のみを理由として65歳前に雇用を終了させるような制度は適当ではないと示されています。


従いまして、 1年毎の契約更新とする場合には、

・65歳を下回る上限年齢が設定されていないこと

・65歳までは、原則として契約が更新されること(ただし、能力など年齢以外を理由として契約を更新しないことは認められます。)

が必要と考えられるとされています。つまり、特に貴方の仕事上大きな問題が無ければ65歳迄更新することが求められるということになります。

 

また、会社側の申出により「如何なる理由であっても」契約を途中で解除できるというのでは、契約が保障されていないのと同じ事ですので認められません。

 

文面の契約ですと、「双方からの申し出があれば」とございますので、貴方が申し出をしなければ契約の途中解除は出来ませんので、その点は心配されなくても大丈夫です。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問