JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1048
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

従業員20名程度の企業に勤務して丸4年経ちます。色々と問題があるように思われます。 まず、給料は年俸制なのですが、9:30~18:30が提示で月に残業が50時間程度あり、土曜日出

解決済みの質問:

従業員20名程度の企業に勤務して丸4年経ちます。色々と問題があるように思われます。
まず、給料は年俸制なのですが、9:30~18:30が提示で月に残業が50時間程度あり、土曜日出出社も多いときは月に3回程度ありますが、社長は「うちは土曜日は出社 日だ」と公言しておおり、代休などの制度はなく、残業代も詳細は提示されたことはありませんが「うちは年俸制だからそこに残業代は含まれている」と言っています。
有給に関しても口では「いつでも休んでいい」と言いますが、実際に休むと機嫌が悪くなり、後々までネチネチ言うので、ほとんどの人が休みを取らず、自分も有給は年に2日取れればいいほうです。
そして極めつけが、社員のプライベートな話を会社全体にメールで流したり、夜中にメールをして来てすぐに返事が ないと怒りだし、飲みの誘いを断ると怒りだし、もうメチャクチャです。

社長の性格は直らないと思いますが、せめて労働条件だけでも良くならないかと思い、ご 相談させて頂きました。

どこかに相談するなど、改善出来るような方法はあるのでしょうか?

ちなみに入社時には就業規則などは書面で貰わず、必要なことだけを口頭で言われ、就業規則もあるかどうか分かりません。
そして、このようなワンマン社長の会社なので、みんな「理不尽だ」と思っても誰も口に出さず、言いなりになっています。

御指南お願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

年棒制=残業代の支払い義務がない

というわけではありません。

 

会社が年棒制で残業代の支払い義務がないようにするためには、年棒のどの部分が残業代なのかを明らかにする必要があります。そして、年棒制の残業代部分が実際の時間外労働分の残業代を上回っていることが必要です。

 

もし、年棒のどの部分が残業代なのかを明らかにしていなければ通常の残業代を支払う必要があります。もし、年棒制の残業代部分が実際の時間外労働分の残業代を下回っているのであれば、不足分を支払う必要があります。

 

では改善のためにどうすればよいかですが、労働基準監督署に行ってください。労働基準監督署は労働基準法や労働安全衛生法などの違反を改善指導するのが業務の一つです。年棒制が適法に運用されていなければ、残業代の未払いで労働基準法違反となりますので申告ができます。

 

就業規則についてですが、常時10人以上の労働者を使用 する使用者は就業規則を作成して、労働基準監督署に届け出る必要があります。10人にはパートやアルバイトも含まれます。また、一時的に10人未満になっても常態として10人以上の労働者であれば作成義務があります。20名程度の会社とのことなので、就業規則を作成していなければ、労働基準法違反です。もちろん、普通ではありません。貴方が間違っているのでなく、会社が間違っています。この就業規則のことについても労働基準監督署に申告することができます。合わせて相談、申告されればよろしいかと思います。

 

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

早々のご回答、ありがとうございました。


早速、労働基準監督署に行って相談してみます。


自分が間違っていないことが分かり、安心しました。

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

ご丁寧にありがとうございます。

 

そうされるとよろしいかと思います。

 

ご相談の件がより良い方向に進むことを願っております。

 

雇用・労働 についての関連する質問