JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

とても困っています 37男性 鹿児島県在住 仕事を辞め、転職先を東京で探していたとき鹿児島の屋久島にて勤務の募

解決済みの質問:

とても困っています 37男性 鹿児島県在住

仕事を辞め、転職先を東京で探していたとき鹿児島の屋久島にて勤務の募集を見つけ
応募したところ面接が通り屋久島勤務になりました。業種は飲食業、分類はホテル、旅館です
年棒は希望は420万でしたが地方勤務、家賃半額負担とのことで350万にて契約しました
労働条件は変形労働時間制(年とかの単位は聞かされず・・・)です。雛型の様なものを見せられ、基本このような形でやっている多少の残業はあります。と言われました。3か月研修ありでした
ポジションは料飲の責任者ポ ジションでした。

しかし、引っ越し費用 要相談とあったのに自費(家財の処分に10万、引っ越し費用25万掛かりました)
そして住まいも敷金自費、礼金仲介手数料は半額負担、赴任費用は会社から出ました。
合計もろもろで50万近く自費で負担しています。

いざ引っ越しをし勤務し始めると初月の休み月で1日・・・2月め5日、3月め6日
もう少しで3か月が経とうとしています。
しかしここで問題が
初め話し合っていた労働の内容とまったく違い管理職ポジションで契約したのに現場回しのみ
3か月の研修が6月20日に終了するのですが本日13日に責任者ポジションは任せられない
そして鹿児島の平均賃金にそぐわないので年収を落として再契約したいとのお話

もう全く話が違うので辞めてしまいたいのですが自費で引っ越ししてなけなしの貯金も使ってしまい
屋久島から引っ越すにしても離島なのでお金がかかります。
一応勤務のシフトコピー、タイムカードのコピー、契約関係の領収書、労働条件の変形労働時間制
の雛型のコピーなどは用意していますが・・・・

どうすればよいでしょうか?
出来れば東京に戻りまた仕事を探したいのですが・・・
今のままでは難しく・・
本当に困っています お願いいたします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 

 

 労働条件明示義務違反ないし契約内容不合致の場合に労働者がわから解約したときの契約関係の処理の問題です。

 

労基法第15条3項に「就業のために住居を変更した労働者が契約解除の日から14日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない」とありますので、

 

 同規定に基づいた請求が可能です。

 

 お示しの資料はあっせん、労働審判などにも使用できるよう証拠化・書面化しておいてください。

 

 ★企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。社労士法第2条1項3号(相談・指導)に基づく回答であり、具体的訴訟事件につき法律的見解を述べるものではありません。

質問者: 返答済み 4 年 前.

旅費は出るのは知っていましたが、引っ越ししてきているので引っ越し代と


その他、引っ越し代金の返金や、変動労働の時間外手当総合で


話をするのに対策がほしいのです・・


労務関係の弁護士に依頼すればいいのか


労働基準監督署を絡めたほうがいいのか


期間がどの位、必要金額の事や大まかな概算が知りたいのです


 


せっかく返答いただいたのに申し訳ありません


 

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.
>引っ越し代金の返金や、変動労働の時間外手当総合で

話をするのに対策がほしいのです・・

労務関係の弁護士に依頼すればいいのか

労働基準監督署を絡めたほうがいいのか

期間がどの位、必要金額の事や大まかな概算が知りたいのです

 

→割増賃金の請求は、ご自分で時間数をメモしてみえる場合は、それに基づいて監督署に申告してください。

 

 返金請求は内容証明で請求すれば十分です。

 

 弁護士が残業代請求をCMしている場合、過払い請求と同じように着手金なし成功報酬20%ということが多いようです。

 

 社労士の場合、もう少し低廉でしょう。

 

 いずれも企業よりの人ではなく労働者よりの人を選ぶことです。

 

 ★社労士法第2条1項3号(相談・指導)に基づく回答です。質問内容が逸脱、訴訟費用についても及んでいますが、本サイトのルール上、具体的訴訟事件について一方当事者に有利な法解釈を教示するものではありません(弁護士法第72条本文参照)。

kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問