JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

弊社顧客である人数の少ない協会に就業規則がありません。

解決済みの質問:

弊社顧客である人数の少ない協会に就業規則がありません。 休日労働やサービス残業に対して、弊社がご紹介したパート社員が以下のように対応がされて困っています。 ******** 職員数3名、理事長1名の協会で週3日勤務のパート職員です。労働契約書はありますが就業規則はありません。理事長(69歳)は元業界有名企業社長・会長を経験された方ですが、「協会は小さい所帯だから波風立てないで」、期日があり、どうしても残業または自宅で作業をしても「お金がないから残業代は払えない」、日曜日の出勤を命令し出勤しても「どこかで休みなさい」と言われます。 このパート社員はPC上に出勤記録と業務内容の記載を残していますが、理事長の年収は1000万円を超えます。職員Aの給与は週3日勤務で月額21万円、経理職員(税理士資格保有)は時給1800円です。 労働局から入手した小冊子をお届けしましたが、人数が少ないから労働基準法は守らなくて良い、就業規則も不要と解釈されているご様子です。 どのように労働基準法を遵守していただけるかアドバイスをお願いいたします。 (株)xxxxxx 代表取締役 xx xx

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

労働基準法違反の罪に対する司法警察官として、労働基準監督官が定められています。外部から内部から働きかけても労働法規を守ろうとしないのであれば、行政機関に動いてもらうしかありません。

労働基準監督署の総合労働相談コーナーに相談して、都道府県労働局長から助言や指導、是正勧告を出してもらって下さい。これを「労働局長による助言・指導」制度と言います。

先方さんへ直接働きかけても労働法規を守ろうとしないのであれば、取り締まり官庁から働きかけてもらう事です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございました。


慌てたこともあり、私の質問が不備で、欲しかった回答がありません。スミマセン。


訴える前に以下を知りたかったのです。


つまり、


1)労働者が10名以上の場合は就業規則が必須ですが、10名未満はどうするのか、大切な就業規則がなぜ10名未満は必須でないのか


2)正社員・非正規社員混在状態でも労働基準法は同等に適用されるのか


3)罰則規定はどこを見れば良いのか、


4)訴えは当該職員でなければできないのか、それとも弊社が行えるのか


  労働基準監督署が立ち入ることはあるのか


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございました。


慌てたこともあり、私の質問が不備で、欲しかった回答がありません。スミマセン。


訴える前に以下を知りたかったのです。


つまり、


1)労働者が10名以上の場合は就業規則が必須ですが、10名未満はどうするのか、大切な就業規則がなぜ10名未満は必須でないのか


2)正社員・非正規社員混在状態でも労働基準法は同等に適用されるのか


3)罰則規定はどこを見れば良いのか、


4)訴えは当該職員でなければできないのか、それとも弊社が行えるのか


  労働基準監督署が立ち入ることはあるのか


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

1)10名未満は何らかの社内ルールを作成するなどして対応するしかないのが日本の現状です。なぜ必須でないのかは労働基準法89条の定め(つまり法律の定め)ですので、こればかりは労働基準法が制定された時の国会議員でなければわからないのです。

 

2)同等に適用されます。

 

3)労働基準法の罰則規定でしょうか?労働基準法117条から120条に定められております。

 

4)当該職員でなければ(つまり該当者でなければ)労働基準監督署は動きません。労働している本人が労基署へ申告をして下さい。労働者からの申告により労基署は動きます。その際に労基署が調査上必要となれば立ち入ることは十分にあり得ます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

夜分に再度のご回答ありがとうございました。
私ももう少し勉強して、当該職員をサポートいたします。

 

2013年6月12日

(株)xxxxxxx

代表取締役 xxxx

質問者: 返答済み 4 年 前.

夜分に再度のご回答ありがとうございました。
私ももう少し勉強して、当該職員をサポートいたします。

 

2013年6月12日

(株)xxxxxxxx

代表取締役 xxxx

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

労働基準監督署に動いてもらいたいときは「相談に来ました」ではなく、「申告します」ときちんと伝えてください。

相談に来ました、の体では相談を聞くだけで終わってしまうケースが多々あります。会社の労基法違反で労基署に動いてもらうには「申告」することです。

この点だけ最後に付け加えさせていただきます。

雇用・労働 についての関連する質問