JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

先日、セクハラで女性社員から上司にメールで私からセクハラ受けたとの報告は入り。翌々日呼び出され問いただされました。問

質問者の質問

先日、セクハラで女性社員から上司にメールで私からセクハラ受けたとの報告は入り。翌々日呼び出され問いただされました。問い合わせ方も心中思い当たる節がないかと聞かれ。思い当たるのは車中での着替を見せたことかと誘導され答える形で2人の上司に面談され始末書を出すよう指示され、当人に顔を見せないようにと出社時間を終業後や不在中という 出社という形で勤務し1週間立ちます。始末書以外に自分自身の反省文を出すように言われております。ただし言い訳は必要ないとも言われています。就業規則にセクハラは解雇が明記されております。ほかに気になるのは3年前に新規事業室を設置しそこで事業室の上司はすべて役員が兼務という体制で予算目標(未経験な農業分野に進出)も達成出来ないまま労働時間も運転移動時間も長い勤務で3年目に入りました。対象をリストラから解雇に切り替えられているように感じています。どのように対応したらよいでしょうか?反省文は提出必要でしょうか?今後の対応を教えてください
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

始末書は「報告書としての始末書」であれば業務命令となり得、提出しなければいけませんが、「懲戒処分としての始末書」の場合は、労働者は身分的、人格的支配を受けるものでないので謝罪を強制する始末書は個人意思尊重の理念から会社は強要することはできません。始末書でそのようになっていますから反省文を提出しなければいけない義務はありません。

 

今後の対処法ですが、始末書は提出すると良いでしょう。その始末書が懲戒処分としての始末書であれば、さらに懲戒解雇することはできません。なぜなら、二重処分の禁止の原則があるからです。1つの違反行為に対して二重の処分は認められないのです。つまり、始末書を提出することで二重処分を避けることができます。

 

始末書の件とは別に、就業規則にセクハラが解雇となっていても必ず解雇が有効となるわけではありません。解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合はその権利を濫用したものとして無効となります。セクハラでも程度の差があります。常識的に考えて酷いセクハラもあれば、それほど酷くないセクハラもあります。酷いセクハラであればあるほど解雇は有効となりやすく、酷くないセクハラであればあるほど解雇は有効とはなりにくいです。

 

雇用・労働 についての関連する質問