JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

半年前に、新しい部署が発足し、その部署に配置になりました。一人の部署です。職場はそれまで会議室だったところを使うよう

解決済みの質問:

半年前に、新しい部署が発足し、その部署に配置になりました。一人の部署です。職場はそれまで会議室だったところを使うように指示されました。当初はそれほどでもなかったのですが年が明け、さらにこの一か月ほどは頻々に(週に1~2回)、会議で使うからと立ち退きを求められることが多くなりました。当日に宣告されることもありました。こういった事例は社内では私だけではありますが、会社の姿勢にストレスを感じています。だまって了解するしかないのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

ご相談内容を拝見させていただくと、人事権の濫用、さらにパワハラにも該当する可能性があると思います。
しかし、このような問題は直接法令に違反するものではないので、まずは社内の相談窓口に相談する、上司に相談して解決を図ることが第一です。
そのような相談窓口がなく、社内で解決が難しいようであれば行政に介入してもらうしかありません。
行政に加入してもらい、円満に解決する方法として次の2つの方法があります。


①労働局長による助言・指導制度
労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターにご相談ください。
相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。
http://tokyo -roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/2.html

②労働局のあっせん制度を利用する。
あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、労使の間に入り和解による解決を目指すもので無料で利用できます。
双方の主張を聴きますが、事実の認定は行わず、あっせん案の提示が行われます。
簡単に言えば、国が話し合いの場を作ってくれる制度です。
ほとんどのケースが、概ね1ヵ月程度で解決します。
全国の労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターで相談、申し込みができます。
ご参考までに労働局あっせん制度の詳細URLを記載させていただきますので、より詳細な内容はこちらでご確認いただければと思います。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問