JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

会社の上司より、現在の副部長から部長への昇進を打診されました。しかし、自己都合で近い将来会社を去ることを考えています

解決済みの質問:

会社の上司より、現在の副部長から部長への昇進を打診されました。しかし、自己都合で近い将来会社を去ることを考えていますので、受けるべきではないと思っています。しかし、それを伝えたところ、そんなことを言ったら、経営層から「いますぐやめろ」と言われる可能性があると、暗に言われました。円満に昇進を断る方法などはあるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

昇進を断る方法ですね。
降格人事を拒否する方法というご相談は多いのですが、昇進を断る方法をというのは珍しいです。

降格人事もそうですが、昇進などに関しては直接法令に定めがありません。
しかし、過去の判 例より、昇進、降格などの人事上の措置は会社の人事権の行使として実施できるとされています。
人事権の濫用と判断されれば無効となりますが、今回は昇進なのでそのような問題は生じないでしょう。

そして、就業規則に定めがあればそれを拒否することは懲戒処分の対象にもなり得ます。

よって、正直に将来退職することを考えていることをお話しし、昇進を断る理由を分かってもらうのが一番だと思います。
そこで、経営層から「いますぐやめろ」と言われても、それは解雇に該当しますので、従う必要はありません。
先程、懲戒処分の対象にもなり得ると申し上げましたが、昇進を断ったことが解雇に該当するとは到底考えられません。

その他、取り敢えず昇進を受け入れるというのもひとつの方法だと思います。
昇進をしたから、すぐに退職をしてはいけないという決まりはありません。
退職は労働者の自由として保障されており、いかなる理由があっても会社は労働者の退職を拒否することはできません。

どのような方法をとるしにしろ、その結果、会社が貴方に対して不利益な取り扱い、何か嫌がらせのようなことをしてくるのであれば、行政等に介入してもらうことも考えるしかないでしょう。
行政に介入してもらう方法としては、次のような方法があります。

①労働局長による助言・指導制度
労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターにご相談ください。
相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/2.html

②労働局のあっせん制度を利用する。
あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、労使の間に入り和解による解決を目指すもので無料で利用できます。
双方の主張を聴きますが、事実の認定は行わず、あっせん案の提示が行われます。
簡単に言えば、国が話し合いの場を作ってくれる制度です。
ほとんどのケースが、概ね1ヵ月程度で解決します。
全国の労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターで相談、申し込みができます。
ご参考までに労働局あっせん制度の詳細URLを記載させていただきますので、より詳細な内容はこちらでご確認いただければと思います。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html



remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問