JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

介護の現場で働いてます。いつも、冗談を言い合う57歳の上司なのですが、ある朝突然 自分が冗談で言った、認知症じゃな

質問者の質問

介護の現場で働いてます。いつも、冗談を言い合う57歳の上司なのですが、ある朝突然
自分が冗談で言った、認知症じゃないですか?…に、お前は口が悪い…等恐い口調で怒鳴りつけられ、私は、事務長に呼ばれ、厳重注意。その上司からは、俺の一言でどうにでも
なる…と言われました。今日は、手が震え、職場に着いたけど、会いたくない。納得がいかないので、どうすればいいか分かりません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

ご相談者様のご心痛、お察し申し上げます。

「認知症じゃないですか?」という発言は厳重注意を受けても致し方ないものです。ましてや介護の現場で働く者としては冗談であっても不謹慎かと思われます。その点はご相談者様は反省する必要があるでしょう。

 

しかし「俺の一言でどうにでもなる」という上司の発言は、明らかなパワハラです。

平成24年に厚生労働省が発表したパワハラの行為類型として次のようになっています。
(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

クビをちらつかせるような発言は、(2)に該当します。

 

恐怖で職場に入れないご相談者様のお気持ちは十分に理解できます。そして、そのような状況では上司や会社に対して「パワハラを受けた」とは言えないでしょう。となると、外部の第三者に介入してもらって解決を目指すことになります。

パワハラを含め、労働トラブルの取り締まり官庁は労働基準監督署です。労働基準監督署内の総合労働相談コーナーにご相談いただけたらと存じます。

そして労基署に会社に対して働きかけてもらいたいときは「労働局長による助言・指導をお願いします」と申し出てください。

相談に行っただけで労基署がいきなり会社に連絡をしたり、指導をすることはありません。労働者側がそれを希望する場合にはその旨を申し出ることによって会社への指導や是正勧告を行います。ですのでまずは労基署へ相談、その後「労働局長による助言・指導」を希望するかどうかをご判断いただくことになります。

 

ご参考までに宮崎労働局ホームページの助言・指導事例のURLを以下に添付させていただきます。

http://miyazaki-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/hourei_seido/soumu_08/soumu_0802.html

 

 

http://miyazaki-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/hourei_seido/soumu_08.html

 

雇用・労働 についての関連する質問