JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

今春娘が卒業し、大阪のきちり天王寺店で働いていますが、5月の就労時間が23日で340時間を超え本人もだいぶ参っている

解決済みの質問:

今春娘が卒業し、大阪のきちり天王寺店で働いていますが、5月の就労時間が23日で340時間を超え本人もだいぶ参っているようです。何か良い方法はないでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

23日で340時間ということは、1日あたり15時間近く就労されているということですね。

すでにご承知のことと思いますが、労働時間に関しては、労働基準法第32条により、1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。
これを法定労働時間といいます。
会社がこれを超える労働をさせるには労働者の代表と労使協定を締結し、労働基準監督署に届け出る必要があり ます。
もっとも、この届出をすれば無制限に労働させてよいわけではなく、厚生労働省が定める限度基準として1カ月45時間が限度時間とされています。

お嬢様の職場は明らかに問題があります。

一番良いのはお嬢様が会社の住所地を管轄する労働基準監督署に申告することです。
労働者からの申告に対して、会社に指導・是正勧告がなされます。
労働基準監督官は司法警察職員としての権限も持っていますので、会社が是正勧告に従わず、その意思も見られない場合は地方検察庁に送検することもできます。

ただ、現実問題として、労基署に申告をすることによって、問題は解決しても結果的に会社に居づらくなり、勤務継続が困難になることもあります。
お嬢様の場合は働き始めたばかりのようですので、特にそうでしょう。
そのようなことを懸念されるのであれば、申告を匿名で行ったり、労基署が会社に調査に入る際に定期監督という名目で調査に入ってもらうようお願いすることも可能です。
誰かが労基署に申告したことによって会社に調査に入るのを申告監督というのに対し、行政の年度計画に従って、労基署が任意に調査対象を選択し、法令全般に渡って調査をすることを定期監督といいます。
たまたまお嬢様の会社が選ばれて調査に入っているということにしてもらうということです。

それでも、お嬢様がそのようなことはしたくないというのであれば、貴方が下記URLから匿名で情報を送ることも可能です。
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html



質問者: 返答済み 4 年 前.

先ほどご紹介のところにメールうちました。出来れば大阪に行って労働基準監督署に行こうかと思っていますが、何か必要な書類などございますか?

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

申告は申告書に必要事項を記載して提出するだけなので、決まった必要書類はありませんが、労基署はお役所です。
職場に違法性があると判断しなければ、労基署はなかなか重い腰をあげようとしません。
すぐに何らかの行動に移してもらうためには、お嬢様の労働契約書、給与明細 、タイムカードがあればタイムカードの写し、その他職場に長時間労働があることを証明できるものは何でも持って行ったほうがよいです。

また、労基署に行った際のアドバイスとして、労基署の相談窓口は一般に非常勤の労働相談員が対応しており、単なる相談と受け止められた場合は、自助努力が強調され具体的な救済の動きにつながらないことがあります。
あくまで正式な「申告」であることを告げてください。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問