JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kionawakaに今すぐ質問する

kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

前回の問い合わせの続きです…。 上司とは、6月5日に別の職員を交えて会う事になりました。 『処遇改善手当』は

質問者の質問

前回の問い合わせの続きです…。

上司とは、6月5日に別の職員を交えて会う事になりました。
『処遇改善手当』は、2011年11月から現在までのモノを、正確に計算して、正当な金額を全額支払ってくれると、上司本人ではなく、別の人を介して伝えられました。しかし、全額一度にすぐに支払えないので、待って欲しいとの事です。この場合、誓約書を書いてもらっても良いでしょうか?(期日と金額を明記したモノ)怒鳴っている事に関しては、謝罪の意思はないようで、私が直接聞いた内容ではないのですが『会ったら、殴り飛ばしたい気持ちだ!強制解雇にしたい!』と、別の職員に言っていたようです。私は、怒鳴られるだけでも恐怖心がいっぱいなのに、そのような考えでいる事を聞いてしまったら、益々、恐怖心が大きくなりました。現在も、上司の事で眠れなくなっています。私は、六月末にて退職が決まっています。 退職届けも受理されています。六月は、有給休暇を消化しつつ勤務する事になります。そのような私に、強制解雇を実行出来るのでしょうか?私は、不正も何も、勤務先に不利になる事はしていません。むしろ、今回、退職する事になった理由は、上司の怒鳴る事により、不眠、下痢、メンタル的に体調不良になった為に退職する事になりました。残りの勤務日に、上司もいる事務所に行って仕事をしなくてはいけないのですが、怒鳴るだけではなく、『殴り飛ばしたい…』等を口にしている上司と同じ空間に行かなくてはならないのが、怖くて行けそうにありません。このような場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか?事務所に行かない事により、勤務時間不足で、給料の未払い等が発生するのでしょうか?上司の行いは『パワハラ』ではないのでしょうか?上司は事業主なので、上司以上の役職のものがいなくて、処分等を訴え出るところが勤務先にはありません。自主退職になっていますが、今から、上司に処分を求めたり、慰謝料を求めたりする事はできないのでしょうか?また、訴え出るとしたら、どこへ、どのような準備をして行けばよろしいのでしょうか?きちんとした睡眠を取れない状態で、勤務しなくてはならないのが、とても辛いです。本日も、眠れないまま、出勤します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>『処遇改善手当』は、2011年11月から現在までのモノを、正確に計算して、正当な金額を全額支払ってくれると、上司本人ではなく、別の人を介して伝えられました。しかし、全額一度にすぐに支払えないので、待って欲しいとの事です。この場合、誓約書を書いてもらっても良いでしょうか?(期日と金額を明記したモノ)

 

→かまいません。

 

>怒鳴っている事に関しては、謝罪の意思はないようで、私が直接聞いた内容ではないのですが『会ったら、殴り飛ばしたい気持ちだ!強制解雇にしたい!』と、別の職員に言っていたようです。私は、怒鳴られるだけでも恐怖心がいっぱいなのに、そのような考えでいる事を聞いてしまったら、益々、恐怖心が大きくなりました。現在も、上司の事で眠れなくなっています。私は、六月末にて退職が決まっています。 退職届けも受理されています。六月は、有給休暇を消化しつつ勤務する事になります。そのような私に、強制解雇を実行出来るのでしょうか?

 

→できません。解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、解雇権を濫用したものとして無効です(労働契約法第16条)。

 

>私は、不正も何も、勤務先に不利になる事はしていません。むしろ、今回、退職する事になった理由は、上司の怒鳴る事により、不眠、下痢、メンタル的に体調不良になった為に退職する事になりました。

 

→会社都合離職になると思います。退職届を出されている、とのことですが、強迫による取り消し、又は錯誤無効の主張が可能です。

 

>残りの勤務日に、上司もいる事務所に行って仕事をしなくてはいけないのですが、怒鳴るだけではなく、『殴り飛ばしたい...』等を口にしている上司と同じ空間に行かなくてはならないのが、怖くて行けそうにありません。このような場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか?

 

→退職届けの撤回の意思表示が必要です。

 

>事務所に行かない事により、勤務時間不足で、給料の未払い等が発生するのでしょうか?

 

→有給を消化しているの場合であれば、そういうことはないでしょう。

 

>上司の行いは『パワハラ』ではないのでしょうか?上司は事業主なので、上司以上の役職のものがいなくて、処分等を訴え出るところが勤務先にはありません。自主退職になっていますが、今から、上司に処分を求めたり、慰謝料を求めたりする事はできないのでしょうか?

 

→上司=事業主ということなので、上司=会社代表者に慰謝料請求(民709条 不法行為)を請求することが可能な場合があります。

 

>また、訴え出るとしたら、どこへ、どのような準備をして行けばよろしいのでしょうか?

→労働局のあっせん、地裁の労働審判等です(前者は特定社労士、後者は弁護士です。本人申立の場合ヒナ型はネットで「労働局 あっせん 書式」「労働審判 書式」で検索すれば簡単に取得できます)。パワハラの事実をキチンとメモしておいてください。証拠資料になります。

 

*企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

*社労士法第2条第1項第3号(相談業務)に基づいて回答しております(法律事件を除く)。民法等実定法の知識については行政書士法第1条の3第3号(法定外業務 法規相談業務)に基づいて回答しています(法律事件を除く)。具体的なあっせん又は訴訟手続きについては最寄の社労士会又は弁護士会に紹介を受けてください。

質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。

回答に対しての追加の確認です。
『誓約書』を拒否されたら、どのような対応をすればよろしいでしょうか?
『誓約書』の要求を、相手は拒否する事は、出来るのでしょうか?

よろしくお願い致します。
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>『誓約書』を拒否されたら、どのような対応をすればよろしいでしょうか?

 

→合意書でも念書でも覚書でもよろしいのです、名称は。手を代え品を代えするうちに同意する場合もあるでしょう。極端なはなし口約束でもこちらがメモしていればよいのです。要は言質を証拠化・書面化しているかどうかの問題ですから。

 


『誓約書』の要求を、相手は拒否する事は、出来るのでしょうか?
→これは自由意思に任せることになりますから、こちらから強制することはできないし、向こうは拒絶することもできます。立場を逆に考えてみればわかるでしょう。こちらの言い分を一方的に通すことは多くの場合軋轢を生みます。

 

 ただし自由意思により同意した場合は、この契約はー公序良俗に反しない限りー拘束力をもちます(契約的正義、私的自治)。

 

*社労士法第2条第1項第3号(相談業務)に基づいて回答しております(法律事件を除く)。民法等実定法の知識については行政書士法第1条の3第3号(法定外業務 法規相談業務)に基づいて回答しています(法律事件を除く)。具体的訴訟事件につき法律的見解を述べるものではありません。




kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験: 中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:その他.
ar_sossy様のご意見も、お聞きしたいです。

よろしくお願い致します。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • remember2012

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    818
    社会保険労務士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    818
    社会保険労務士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SI/sin4864/2011-8-18_02555_100909174435.64x64.jpg sin4864 さんのアバター

    sin4864

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    279
    労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MR/Mr.K6307/2011-8-28_81237_6C53.64x64.jpg Mr.K6307 さんのアバター

    Mr.K6307

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    76
    2007年 愛知県立大学外国語学部卒業 2007年〜トヨタ系部品メーカー勤務 2010年 社会保険労務士試験合格 2011年〜某社会保険労務士法人勤務
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YS/yspop2000/2011-10-20_222210_DSC4088.64x64.JPG yspop2000 さんのアバター

    yspop2000

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    29
    元労働局総合労働相談員、相談経験豊富。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EN/enas1103/2011-8-28_142524_2010101623.08.19.64x64.jpg ena0725 さんのアバター

    ena0725

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    7
    平成17年度社労士試験合格。19年社労士登録。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/TO/tokyoyuka/2011-10-28_23118_SH3L00053.64x64.jpg tokyo-yuka さんのアバター

    tokyo-yuka

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    4年生大学卒 日本年金機構の職員を経て2010年開業登録 現在も年金相談窓口業務を担当 その他スクール社労士科講師など
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/TO/tondensr/2011-10-24_8272_bigshirt.64x64.jpg beallears-sr さんのアバター

    beallears-sr

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    86
    法学部卒業
 
 
 

雇用・労働 についての関連する質問