JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

労基法の第六十八条  使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはな

解決済みの質問:

労基法の第六十八条  使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならないについて質問です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

貴方もご存じのように、労働基準法68条により、使用者である会社は生理日の就業が著しく困難な女性が休暇 を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならないと定めてあります。

また、厚生労働省の通達(昭63.3.14基発150号)で、その日数に制限はなく、会社が勝手に日数を限定的に定めることも禁止されています。

さらに、過去の判例では今回のように生理休暇を取得したことを理由に減給することはもちろんのこと、賞与や昇給の査定でも不利に扱うことは認められないとされています。
(日本シェーリング事件、最高裁 平成.1.12.14)

このようなことをもとに会社に異議を申し立ててください。

それでも、会社が不利益な取り扱いをするのであれば、労働基準監督署に申告するしかありません。
会社に対して指導・是正勧告がなされます。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問