JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

退職に関する対応及びパワハラ(私がそう思っているだけかもですが)に関して質問をさせて下さい。(長文で申し訳ありません

質問者の質問

退職に関する対応及びパワハラ(私がそう思っているだけかもですが)に関して質問をさせて下さい。(長文で申し訳ありません。)
 4月中旬に『退職する90日以上前に届出ること』という手続きにそって自己都合退職をしようと思い、7月末の退職を代表に申出したところ、「きりがいいし、6月末退職でもいいよ。」と言われました。私は規則通りに7月末でお願いしますと言いましたが、一旦保留にさせてほしいと言われ、次の日に改めて席が持たれました。その時、少し前に解雇された同僚の話を持ち出したところ、態度が一変し、「やり方が気に入らないなら5末か6末で辞めて。」「ばかじ ゃないのあんた」「みんなが迷惑している。」「最低限の仕事をしてもらってる。」「さっさと次のをみつけて」等々言われた揚句、7月末で書いた退職届を目の前で破られました。そして、退職届を6月末でその場で書き直すようにと言われ、「一旦持ち帰ります。」と言ったのですが、会議室にいるから今すぐ書いて持ってきてと言われ、結局6月末での退職届を書かされました。その後、必要以上に机の近くを通ったり、気がつくとキャビネットを挟んだ後ろに立っていたり、監視されているような気がして、毎朝会社に行くのが苦痛で仕方ありません。5月末であれば会社都合での退職でも対応すると先週言われたので、もう精神的にも限界だし、会社都合であれば雇用保険ももらえるから生活もどうにかなるしいいかなと考えており、言おうとした矢先に仕事でのミスが発覚したのですが、翌日呼び出されて、「ミスの報告が上司にきちんと報告されていない。減給させてもらいます。」と言われました。そしてメールで減給の理由です。と言って就業規則何条違反○○とツラツラと書いて送られてきました。
5月末で退職できると考えていただけに6末までいなければいけない+減給というのがショックすぎてついに先日病院でカウンセリング&薬の処方をしていただきました。病院では、5末で辞めさせてもらうか、6末でないとダメなようなら診断書を書くからそれを提出して休めばいいと言われました。私もこの苦痛からは逃れたいので5末で辞められればと思っておりますが、その場合はやはり自己都合退職になってしまいますでしょうか?また代表に対してなにかしらのペナルティを与えることはできますでしょうか?(こんな風に少しずつ首を絞めるようなやり方に憤りを感じております。)
ご回答よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

>その場合はやはり自己都合退職になってしまいますでしょうか?
理由はどうあれ、貴方が5月末で退職を希望し、退職届を提出すれば自己都合退職になります。

しかし、貴方が雇用保険(失業保険)をすぐに受給できるという理由で、会社都合をご希望されているのであれば、自己都合退職であっても、正当な理由のある自己都合退職であれば失業保険がすぐに受給できる「特定理由離職者」に該当します。

正当な理由とは、体力の不足、心身の障害等が該当します。

病院でカウンセリング&薬の処方をされているようですので、貴方は特定理由離職者に該当するのではないでしょうか。
特定理由離職者に該当するか否かは貴方の住所地を管轄するハローワークが行いますので、事前にご相談されておくとよいでしょう。

>また代表に対してなにかしらのペナルティを与えることはできますでしょうか?
上記退職理由は別として、ご相談内容を前提にすると、会社の対応には明らかに問題がありますし、言動はパワハラに該当するでしょう。
しかし、ペナルティというの が金銭の支払い、つまり損害賠償を指しているのであれば、損害賠償を請求していくには、会社にどのような対応、言動があったか第三者に立証していかなければなりません。

明らかな証拠がなければ、会社もすんなり損害賠償に応じるとは思えませんし、訴訟を提起したところで、到底割にあう結果がでるとは思いません。
かといって、貴方もこのまま泣き寝入りするのも納得がいかないと思いますので、近年労働者保護の観点からスタートしたいくつかの制度をご説明させていただきます。


①労働局長による助言・指導制度
労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターにご相談ください。
相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/2.html
貴方のいうペナルティというのが、行政指導などを含まれるのであれば、このような方法でも良いのではないでしょうか。


②労働局のあっせん制度を利用する。
あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、労使の間に入り和解による解決を目指すもので無料で利用できます。
双方の主張を聴きますが、事実の認定は行わず、あっせん案の提示が行われます。
簡単に言えば、国が話し合いの場を作ってくれる制度です。
ほとんどのケースが、使用者からの和解金(慰謝料)の支払いによって、概ね1ヵ月程度で解決します。
全国の労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターで相談、申し込みができます。
ご参考までに労働局あっせん制度の詳細URLを記載させていただきますので、より詳細な内容はこちらでご確認いただければと思います。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html
これは証拠などを必要とせず、しかも短期間でお互いの話し合いのもと金銭で解決する制度ですので、このような方法も有効なのではないでしょうか。


remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


早々にご返信いただきありがとうございます。


 


特定理由離職者というものがあることは知りませんでしたので


参考になりました。


 


またペナルティ部分についてもありがとうございます。


詳細をみて検討してみます。


 


ありがとうございます。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご評価いただき、ありがとうございました。
ご相談者様にとっていい方向でお話しが進むことを心よりお祈りしております。

雇用・労働 についての関連する質問