JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

結局、自衛隊員が副業をした場合の、法律における罰則というものはあるのでしょうか?

解決済みの質問:

結局、自衛隊員が副業をした場合の、法律における罰則というものはあるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

現職の自衛隊員が副業をすることはご存じのとおり自衛隊法第62条第1項で禁止されており、その罰則は同法第118条第1項第2号で規定されています。

 

法定刑は、「一年以下の懲役又は三万円以下の罰金」です。

 


●自衛隊法
(私企業からの隔離)
第六十二条  隊員は、営利を目的とする会社その他の団体の役員若しくは顧問の地位その他これらに相当する地位につき、又は自ら営利企業を営んではならない。
(略)

 

第百十八条  次の各号の一に該当する者は、一年以下の懲役又は三万円以下の罰金に処する。
(略)
二  第六十二条第一項の規定に違反した者
(略)

AEをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問