JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1100
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

退職届が受理されない

解決済みの質問:

退職届が受理されない
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

ご相談内容を拝見させていただきました。

 

貴方の雇用契約が「期間の定めのない雇用契約」という前提で回答させていただきます。期間の定めのない雇用契約とは3か月契約とか6か月契約とか期間限定ではない雇用契約のことです。ほとんどの正社員は期間の定めのない雇用契約です。

 

退職については、労働者の自由であり、雇用側の承認は必要ありません。憲法でも職業選択の自由が定められています。

 

したがって、配達記録が会社に到着してから、2週間後の日付で会社を退職することができます。会社が認めなくも退職することができます。

 

配達記録はできれば内容証明にしたほうが良かったです。郵送した退職届の内容を証明することができるからです。

 

行きづらくなって欠勤された心情は理解できます。ただ、そういう手段をとるにしても出社したほうが良かったです。(もし、体調が悪かったのであればその旨を伝えたほうが良いです)

あるいは、退職届に有給休暇が残っていたら、退職までの日については残りの有給休暇を取得すると明記したほうが良かったです。

 

会社は退職した労働者の離職票を発行する義務があります。なので、会社に対して離職票を交付するように求めると良いでしょう。その時に、配達記録の内容の確認ということで連絡されると良いでしょう。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問