JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

都立病院に勤務する医歴10年目の医師です。私は某私立医大から派遣されている立場です。 昨年10月から2年間の派遣と

質問者の質問

都立病院に勤務する医歴10年目の医師です。私は某私立医大から派遣されている立場です。
昨年10月から2年間の派遣という契約で勤務しております。
現在患者トラブルで困っています。
当初は筋膜生検後の末梢神経障害についての訴えだったのですが、その後生検を行った外科系の先生をかばった私が、
生検後の末梢神経障害に苦しんでいる患者さんに「ご愁傷様、2年はかかるわ」と発言したと、患者さんとその家族から訴えられています。
勿論私はそのような話はした記憶はありません。その時患者さんには「起きてしまった合併症は残念ですが、末梢神経障害は時間がかかりますが少しずつ回復します。今のまま症状が軽快しないということは有りません。」何年かかりますか、と聞かれ「2年位様子を見て下さい。」
生検の合併症の説明義務違反も同時に訴えていましたが、そちらは都の検証会で説明義務違反とは言えないと判断されました。
し かし、その後病院の院長と副院長に部長と医長が呼ばれて、私の接遇がなっていないと叱り、院内であった看護師さんたちとの行き違いの事例を多数列挙し、私を早く医局に戻すようかなり強く話をされたそうです。
現在5月(当時は4月)であり、医長と医局の教授が今帰ってきたら私の医歴に傷がつく、医局での立場も無くなると心配し、何とか9月末まで頑張ろうようにと二人で相談されたそうです。私はまだ医局に相談しておりません。
当時の看護長も私の課の部長も、患者さんがあれだけはっきりと言っているのだからあなたがご愁傷様と患者さんに発言したのでしょうと言います。
でも私は言っていません。
最近も病院の医事課長、副院長、部長と4人でお話ししましょうと、呼ばれ再度事情聴取されました。この場でも私は全面否定しました。
その時患者アンケートを見せられました。自由記載欄いっぱいに私がご愁傷様と発言したのに嘘を付いたとか、嘘つきとか、信用出来ない、と記載されているのを見せられました。私は泣きました。誓って、私は嘘つきでは無い、これは酷すぎますと言いました。
でも副院長先生は、これは相当な怨恨であり、後々尾を引く、余程の恨みが無ければここまで書かれないと言います。
どうしてここまで人間関係がこじれたのか思いだしなさいと言われました。
でも、思い出せません。
患者さん事態、40代で、同性であり、大人しく物分かりが良さそうな方でした。
当時多数の患者さんを受け持っており、多数の口うるさい高齢者患者さんや重篤な状態の患者さんが多かったため、その患者さんの人格として特に特徴的な印象は有りませんでした。
患者さんはそれまで納得していただろう過去の説明、外来初診時に説明した事例まで面白おかしく表現し、私が可笑しな発言をしたと言います。でも私は患者さんにきちんと説明しておりました。
私の落とし穴としては患者さんに説明したのがベットサイドであり、若い患者さんだから大丈夫であろうと思い家族を呼んで紙に書きながら説明をしませんでした。そのため、私が説明をしたという証拠があまりカルテに残っていないのです。
患者さんはメモをしているようです。メモは私が話をしている所で開いた事は無く、私の姿が見えなくなってから記載したものと思われます。
また少し事態が大ごとになってから関係医師、前の医事課長、患者さんとその身内の方と話し合いをした時、ICレコーダーが用意されていました。
病院としては私が音声を取られていないか、とか、マスコミに知り合いがいると言っているからマスコミで報道されたらどうするんだ、と心配しているようです。副院長先生と医事課長は、私がこのまま突っ張って全面否定をしてもよし、ただひたすら頭を下げ続けるという方法もあるが、ここまで患者さん都の関係がこじれたのかその原因を考えるように、自分たちは関係なく、私の今後に関わることだと厳しくお話ししれこられました。
要は水掛け論なので、こういうときは早く降りてしまい謝罪したほうが得策なのでしょうか。
もし謝罪しなかった場合、私の立場はどうなってしまうのでしょうか。
私のような事例はあまりないのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>当初は筋膜生検後の末梢神経障害についての訴えだったのですが、その後生検を行った外科系の先生をかばった私が、
生検後の末梢神経障害に苦しんでいる患者さんに「ご愁傷様、2年はかかるわ」と発言したと、患者さんとその家族から訴えられています。
勿論私はそのような話はした記憶はありません。その時患者さんには「起きてしまった合併症は残念ですが、末梢神経障害は時間がかかりますが少しずつ回復します。今のまま症状が軽快しないということは有りません。」何年かかりますか、と聞かれ「2年位様子を見て下さい。」
生検の合併症の説明義務違反も同時に訴えていましたが、そちらは都の検証会で説明義務違反とは言えないと判断されました。

 

→雇用・労働のジャンルなので、社会保険労務士の立場からアドバイスさせていただきます。

 

 もし録音テープや会話記録(その状況がわかるものをテープ起こしなり記憶の再現)があれば、確かな証拠になるでしょう。ない場合は水掛け論になり、その会話を聞いていた第三者の証言がポイントになります。

 

 患者様の脚色もあるやうに思いますが、これからは発言には十二分に注意してください。できれば、自分が何を言ったかすべて再現できるようにメモしておいてください。

 

 対応ですが、病院の評判もあることですから、非を認めてひたすら謝罪してしまうのも一方法です。いやしくもそのようにとられるような言動をしたという間接的責任は質問者様にもある可能性があるからです。

 

 謝罪を拒絶した場合は、法律的手段に訴える可能性があるかどうかですが(あまり詳細に具体的事案に即して書くと弁護士法72条違反とたたかれるので、一般的・抽象的な言い方で失礼します)、相手方になかなか有効な手立てはないでしょう。ただ病院の評判は間違いなく悪くなるでしょう。

 

 >病院の医事課長、副院長、部長と4人でお話ししましょうと、呼ばれ再度事情聴取されました。この場でも私は全面否定しました。
その時患者アンケートを見せられました。自由記載欄いっぱいに私がご愁傷様と発言したのに嘘を付いたとか、嘘つきとか、信用出来ない、と記載されているのを見せられました。私は泣きました。誓って、私は嘘つきでは無い、これは酷すぎますと言いました。
でも副院長先生は、これは相当な怨恨であり、後々尾を引く、余程の恨みが無ければここまで書かれないと言います。

 

 

→ その患者様があなたをハメルために誣告(ぶこく)をしたのだとした場合、犯罪です。虚偽告訴で争うことは可能です。前後の脈絡のない供述ですから、時間的経過、なぜ、「ご愁傷様」という発言が出るに至ったか、の説明がありません。信用性の乏しい供述ではないでしょうか。

 

 いずれにしても担当は替えてもらったほうがよいでしょう。

 

 質問はネット上で検索されてしまいますので、個人や病院名を特定できる情報は絶対のせないほうがベターです。削除もできないようです。

 

 

 

 

※企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

質問者: 返答済み 4 年 前.


今振り返ると長い文章となっており、読みづらかったと思いますが、適切な回答だと思います。誣告罪で告訴という方法が私には全く浮かばなかったので、少し心が晴れました。有難うございました。


先生がおっしゃる通り、間接的責任は有るかもしれません。もう少し今までの自分の言動について回顧してみることとします。これからは自分がベットサイドで何を話したか再現できるメモを残すこととします。有難うございました。

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 虚偽告訴罪(3月以上10年以下の懲役 刑172条、公訴時効7年刑訴250条2号実行行為のときから7年間は告訴できる)で告訴する方法があることをアタマに入れ、しばらく相手の出方をみることでしょう(←行政書士の立場から、行政書士法第1条の3第3号法定外業務として(告訴・告発関係)法規の一般的説明として述べさせていただきました)。

 

 お医者様は何かと責任の重い立場なので、普段から言動にはお気をつけてください。不用意なことを言って突っ込まれることのないように。

 

 今回のことはより優れた医師になるための試練と思って耐えてくださいませ。

雇用・労働 についての関連する質問