JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 410
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

派遣社員:派遣先企業でのパワーハラスメントの相談先について 現在下記の状況です。 ・4/1から某会社にて

解決済みの質問:

派遣社員:派遣先企業でのパワーハラスメントの相談先について

現在下記の状況です。

・4/1から某会社にて勤務中の派遣社員(女性)
・勤務先の会社では派遣社員が私ひとりだけ
・現場で仕事を教わっている女性社員Aからパワーハラスメントと思われる扱いを受けている
(席は隣同士で、仕事は9割以上彼女から指示された事をしている状態)
・ストレスのため、体調も崩しており、精神的に苦痛(会社は無遅刻無早退無欠勤でちゃんと勤務している)
・派遣元営業に相談したが、「事を大きくすると結局私が企業にいづらくなる」というばかりで、あてにならない
・私も社員A以外の事以外では、仕事にも問題なないし、勤務は続けたい
・小さい会社なので、他に相談できる人がいない(社員Aと毎日仕事をしている人たちなので 、巻き込みたくないし、迷惑もかけたくない)
・以前このサイトでも相談したが、労働基準監督署に相談に行くように勧められた
・しかし、そこまで問題を大きくするつもりもないし、私のケースでは匿名で労働基準監督署に相談に行くのは無理(すぐに自分だと特定されてしまう)

私の就業条件明示書(兼)派遣労働者雇入通知書によると、
派遣元指揮命令者は社員B
責任者は社員C
苦情処理の申出先は社員C になっています。

「苦情処理の申し出先」であるこの社員Cに相談に行く事は問題ないでしょうか?
もちろん社員Cも社員Aと同じ会社の社員なので、社員Aを守る側につくとしたら仕方ないのですが、私にはもう相談できる人もいないので、社員Cに相談しに行きたいと思っています。

私としては、
・社員Aに仕事以外の事で私に対して話をするのをやめてほしい(今まで会議室に2回呼び出され、2人だけで会話をしている)
・私に対しての苦情があるなら、直接ではなく派遣元営業か、社員Cを通してして欲しい
・どうしても話をしなければいけないなら、文書にするか、誰か立ち合いをつけて欲しい

上記をお願いしたいと思っています。

小さい会社だし、私が仕事で社員Cを話をすることはまったくないので、社員Aがいない時に今ままでの社員Aとの経緯を文書にして社員Cに渡し、社員Cの都合の良い時に相談を聞いて欲しいと考えています。

そこで質問なのですが、

(質問1)私が社員Cに社員Aのパワーハラスメントについて相談するのは法律的に違法ではないでしょうか?
(質問2)社員Cがまったく相談に乗ってくれない場合、
A:自分が我慢して勤務を続ける(精神的肉体的に苦痛)
B:我慢せずに派遣の契約を打ち切る(すぐに仕事が見つかる保証もないし、金銭的に苦痛)
C:労働基準監督署に相談に行く(契約を打ち切られる可能性あり、後はBと同じ)
D:社員Aに対して民事訴訟をおこす(名誉毀損、パワーハラスメントについて)
上記の4点しか、解決方法はないでしょうか?

ストレスでなかなか眠れない為体調も崩しているし、会社に行っても社員Aにいつ何を言われるかわからない状態で、会社に行くのが苦痛になっています。
何かよいアドバイスがありましたら、お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

大変な状況の中御相談頂きまして誠に感謝しております。

 

まずご質問1ですが、貴方が苦情処理の申出先と示されている社員Cにご相談に行かれることは全く問題ございません。苦情処理先と就業条件明示書で明示されている以上、貴方が派遣先の職場で困っていること、辛いことがあれば事実である限りどんなことでも相談する権利がございます。違法ではないどころか、逆にそうした相談を社員Cが拒否でもすればその方が明らかに不法行為になります。派遣社員だからといって、遠慮されることは全く無用です。

 

そして、ご質問2ですが、他に考えられますのは、派遣先の会社の相談窓口または社員Cの上司に相談されるといった方法です。派遣先の会社にも派遣社員に対する安全配慮義務はございますので、社員Cが無責任な対応をすればその責任を負うのは派遣先の会社になります。但し、派遣元と同じようにいい加減な対応をされる可能性がありますので、期待は禁物です。

 

従いまして、やはり貴方が問題を解決する最善の選択肢はCの労働基準監督署へ相談へ行くことになります。その際、労働者が安心して相談できるよう、労働基準法第104条第2項では相談した事に対する解雇その他不利益な取扱をしてはならないことが定められています。仮に相談した事で貴方の契約を打ち切れば、これは労働基準法違反行為になります。

 

従いまして、後の報復を恐れて相談に行かないよりも相談に行かれて必要な法的保護を受けることが重要です。確かに法律違反を承知で契約打ち切りをする会社もありますが、そこまでするような悪徳会社であれば、辞められた方が貴方のためにもなります。

 

とにかく無理して我慢して働き続けるというのは貴方の最も大切な健康を損なうという意味で最も良くない選択ですので、改めて労働基準監督署に相談に行かれる事をお勧めいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

Attachment: 2013-05-11_221612_相談内容社員c.docx

社員Cさんに相談したいのは、添付の内容です。

きっと後で社員Aさんも目を通すことになると思うので、内容的に問題ないでしょうか?

私がお願いしたいこと(依頼項目6つ)は、法的に問題があったりしませんか?

 

狭い会社なのと、私が社員Cさんとかかわる仕事をしていない関係上、私がCさんに相談に行く事自体、すぐ社員Aさんにわかってしまう状態です。最初は文書で今までの経緯をCさんに渡し、その後なんとかCさんに相談に行く機会を作ってもらえればと思っています。

 

 

 

専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

ご返事下さいまして感謝しております。

 

添付のファイルに目を通させて頂きました。A社員を誹謗中傷するような内容が書かれていればいけませんが、そういった内容は見られませんし、ファイル文面の内容が事実であれば、詳細事情をしっかり説明されていますので問題は無いものといえるでしょう。貴方が主張されている事柄も全く正当なものと感じられます。

 

先の回答でも申し上げました通り、基本的にはどのような相談内容であっても苦情処理担当のC社員は就業条件に基き相談に乗る義務がございます。勝手に相談には乗れない等と選別することは出来ませんし、貴方が遠慮される必要は全くございません。

 

但し、C社員が実際に誠実に対応してくれるか否かは現時点では分かりませんので、万一きちんと対応してくれない場合ですと、一番適切な方法としましては労働基準監督署へ相談に行かれるといった方法を採られることをお勧めいたします。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問