JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 410
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

パン製造工場で14年働いております。 2年ほど前から、すぐ前で作業をしているパートさんがお香?インセンの様な香りが

解決済みの質問:

パン製造工場で14年働いております。
2年ほど前から、すぐ前で作業をしているパートさんがお香?インセンの様な香りが強く、嘔吐、めまい
、頭痛がします。本人がいなくても匂いで解るほどきつく、社員に頼み匂いの軽減を再三にわたりお願いしました。時間はかかりましたが何とか一時は、全くなくなったのですが、この1ヶ月ほど前から、今度は普通の市販の柔軟剤なのですが、とてもきつく、トイレ、冷凍庫などいつ入っていたのかわわからないですが、残り香で居たのが解るほどです。やはり2時間は我慢は出来てもそれ以上は辛く、今回も社員に注意をお願いしたところ、そちらの社員の方が立場が上らしく、1つ言うと10言い返されるから言えない。。とのこと。早退を申し出て、その日2時間早退したのですが、次の日、出勤すると工場長の方に呼ばれ、「きつく注意はするつもりだが、それで、なおるとは限らないし、もしそうであ ってもそれ以上は法律上、言うことはできないので、そちらが我慢できないのなら、どうしますか?退社しますか?」と言われました。
きつく注意をしてくれるなら、一時期はおさまっていたので、暫く様子を見ます。と返答したところ、「それでも治らない場合を決めてください。こちらとしてはそれ以上に注意は出来ないし、そちらも限界で早退をしたのだから、あなたがいい、悪いではないですが、吐きに行く間、作業を離れる、早退する、ましてや気分が悪く倒れられて怪我されると迷惑です。どうしますか?その場合は退社でいいですか?」と言われました。
食品会社で必要のない香りで此方が我慢をしないといけないのでしょうか?
ましてや工場長がきつく注意をして聞かない場合、此方に退社して欲しい方向に考えるのはおかしい気がします。工場長の注意すら、聞かないパートをどうにかする方がさきなのでは?
此方は我慢か退社しかないのですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

 

使用者である会社には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。
貴方だけが匂いを感じているならともかく、他の従業員も匂いがきついと言っていているのであれば、会社は貴方に退職を勧めるような言い方ではなく、その従業員に対してしっかりと指導をする必要があります。

「あなたがいい、悪いではないですが・・・」と言っているようですが、要するに「我慢するか、退職するか選択しなさい」と言っているに過ぎません。

もちろん、このようなことで貴方が退職をする必要はありませんし、会社が何らかの対応をしなければならないでしょう。

これ以上貴方が他の従業員と改善を求めても会社が応じないのであれば、行政に介入してもらうことも検討するしかありません。

そのような場合は、労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターにご相談ください。
相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

これを労働局長による助言・指導制度といいます。

http://osaka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/hourei_seido/what.html

質問者: 返答済み 4 年 前.

この様な場合、悪臭防止法などでも、相手のパートに会社側は注意を出来るのではないのでしょうか?


それと、工場長の言った言葉はパワハラではないでしょうか?

専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

専門家の方がオプトアウトされましたので、私が改めて回答させて頂きますね‥

 

まず悪臭防止法の件ですが、この法律で規制されますのは第1条にも示されていますように、「工場その他の事業場における事業活動に伴つて発生する悪臭」ということになります。従いまして、パートさんが個人的に発する臭いまでには及ばないことになります。

 

しかしながら、会社には快適な職場環境を形成する義務がございますし、加えまして個々の従業員に対する安全配慮義務がございます。前者は労働安全衛生法第3条に、後者は労働契約法第5条に定められています。

 

従いまして、悪臭それ自体が直接規制対象となっていなくとも、パートさんの臭いが強過ぎて貴方を始め複数の従業員の方の勤務に支障が生じるということでしたら、上記の会社の義務を果たしていないことは明らかといえます。

 

加えまして、貴方のおっしゃる通り、工場長の発言はパワハラともいえるような無責任かつ不法行為に当たるひどい内容です。

 

パワハラとは、厚生労働省の定義によりますと、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」とされています。

 

工場長が「吐きに行く間、作業を離れる、早退する、ましてや気分が悪く倒れられて怪我されると迷惑です。どうしますか?その場合は退社でいいですか?」等と発言するのは、上司という立場だからこそ言える内容であり、会社の義務を果たさないばかりか、工場長という権威を盾にして退職を迫るという点で貴方に大きな精神的苦痛を与えているものといえます。上記のパワハラ定義にも該当する可能性が高いものと思われます。

 

恐らく、このような工場長に何を言われても無駄と思われますので、対応としましては会社に第三者が受け付ける苦情等に関わる相談窓口があれば、まずそちらに相談されてみてはいかかでしょう。工場長のこうした不適切な職場運営について会社が知っていない場合、誠意ある会社でしたらきちんと調査して工場長にパートさんに遠慮される事無く改善への対応を指示されるはずです。

 

仮に、そうした相談窓口もなく、あっても信頼が置けないような場合には、職場環境が悪くてまともに勤務が出来ない旨及び会社がきちんと対応してくれない旨労働基準監督署へ相談されるとよいでしょう。その際、第三者的な観点から専門家が間に入って問題解決を試みるあっせん制度も無料で手続きする事が出来ます。

 

いずれにしましても、今のまま我慢したり会社を辞めたりする必要はございませんので、上記の対応を採られ、工場長の管理責任を明らかにされることをお勧めいたします。

jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 410
経験: 大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問