JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

当方59歳の男性会社員です 60歳で定年で以後希望者は1年毎の契約社員となり、現時点では65歳まで就労可能です

質問者の質問

当方59歳の男性会社員です

60歳で定年で以後希望者は1年毎の契約社員となり、現時点では65歳まで就労可能です。

私も希望して65歳まで働きたいと思っています。

半月位前から高周波 が発生している場所に接近すると、ひどい耳鳴りがする様になってしまい

ました。原因は職場や自宅近隣の家に仕掛けられた超音波発生装置の超音波である事がわかり

ました。

あらかじめ狙った人間に集中的に超音波をあびせて聴覚等を刺激して弱らせ、普通の人には聞

こえない音まで反応してしまい、耳鳴り、目眩などを慢性的に起こさせて病人とさせ、就労困

難者として退職を促す事が目的な様です。

もしもこの様な行為を会社側がおこなっているとしたら組織的なパワーハラスメントと言える

思うのですが如何でしょうか?又この様な場合いどの様にして抗議をしたらよいでしょうか

尚私は現在管理職で非組合員です。

どうぞ宜しくご指導ください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

会社がそのような事を本当に行っているのであれば、パワハラ(労働問題)というよりも刑事事件(傷害や暴行等)です。

こちらは雇用労働のカテゴリーですので、パワハラとして回答させていただきます。

退職を促すために会社がそのような事を行っているのであれば、組織的パワハラとして対抗することができます。

①労働基準監督署への申告

②あっせん

③労働審判

 

といった手段です。①は、労働基準監督署へ通報・相談して労基署から会社へ助言や指導、是正勧告をしてもらうというものです。

以下に①労基署への申告(助言・指導制度)②あっせん③労働審判、を説明させていただきます。

 

【労働局長による助言・指導制度】

東京労働局ホームページに詳細がございます。ご覧いただけたら具体例も記載されておりますのでわかりやすいと思います。

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/2.html

 

【あっせん】
都道府県労働局に申し立てをし、あっせん委員と呼ばれる専門家が労使双方の主張を聴き、和解案を提示してくれる国の制度です。費用はかかりませんし、弁護士などの専門家を依頼する必要もありません。また、証拠の確認は行いません。
労働基準監督署内の総合労働相談コーナーでも申し立ての受付を行っております。

ご参考までに東京労働局ホームページの該当箇所URLを以下に添付させていただきます。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html

 

 

【労働審判】
労働審判は地方裁判所に申し立てを行います。申し立てをすると、労働審判官(裁判官)と労働審判員(弁護士などの専門家)が労使双方の主張を聴き、証拠の確認を行い、原則3回以内の審理で、調停や審判で解決を図ってくれる国の制度です。
裁判ではありませんので、弁護士を依頼する必要はありません。当事者には参加義務があるので、労働者が申立てをすれば、会社側は労働審判への参加を拒否できません。
調停や審判に双方が合意して和解すると、その内容は裁判の判決と同等の効力を持ちます。
提示された審判に最終的に労使双方もしくは片方から異議申し立て(その審判は受け入れられない、という不服)がなされると労働審判は打ち切りとなり、通常の訴訟に自動的に移行する、という仕組みです。

ご参考までに、裁判所ホームページの労働審判のURLを添付させていただきます。

<労働審判制度とは>

http://www.courts.go.jp/saiban/wadai/2203/index.html

<労働審判手続き>

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

<労働審判手続きの必要書類>

http://www.courts.go.jp/saiban/qa_minzi/qa_minzi_48/index.html

 

 

あっせんや労働審判といった第三者が介入する労働トラブル解決制度を利用して、解決・和解を図る事となります。

 

雇用・労働 についての関連する質問