JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

現在 個別に固定残業代の同意書を渡して合意を得ようと思っています。 その時に、変更日って絶対必要ですか?というのも

解決済みの質問:

現在 個別に固定残業代の同意書を渡して合意を得ようと 思っています。
その時に、変更日って絶対必要ですか?というのも、今まで暗黙の了解で残業代込という形でお願いしてきていたのですが、それを法的に問題なくするようにしたい趣旨なので、いわゆる「確認書」みたいな形で日付がない状態で渡すことは問題ないのか、またはそういった日付なしよりも○月○日という形で変更日を入れたほうがいいのか、ご意見をいただければと思います。

それと、残業代は125%ですが、深夜労働の場合は125%プラス残業ということで150%で計算するということでよろしいですか?ご教示のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。

 

日付を入れなければ即無効というわけではありませんが、日付がないことがトラブ ルの原因にもなり、実際にトラブルになった際に会社側が不利になります。

例えば、今同意書をとったとして、1年後にトラブルになった場合、労働者はその時点から遡って残業代を請求してくるでしょう。

その際に日付が入っていないと、会社側は1年前に同意書をとっていたと主張できないですよね?

日付が入ってないことにより、いつとった同意書か主張できなくなり、労働者が主張するその時点からの残業代請求が認められる可能性が高いということです。

よって、同意書には日付を入れるべきです。

 

次に残業代についてですが、時間外労働が深夜に及んだ場合に50%増しになります。

例えば18:00から深夜0:00勤務であれば、時間外労働は発生していませんので、22:00から0:00までの2時間が深夜労働として25%増しになります。

念のためですが、深夜労働=50%増しということではありませんので。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


日付の件ですが、それでは合意書をとる上で現在または未来の日付を入れたほうがよろしいですよね?


もちろん過去の日付をいれて合意をとればいいのかもしれませんが、本人たちにコミュニケーションをとったときに抵抗を示されるようであれば、それはかえって意味のないものとなりそうですので、念のため確認させていただければと思います。ご意見を伺えればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

同意書の日付は同意をもらった日付と、固定残業代を含む賃金形態に変更する日付を記載します。

同意をもらった日と、新しい賃金形態に変更する日は同日、もしくは未来の日付になるのが一般的(従業員が納得すればですが)ですが、新しい賃金形態に変更になる日が過去の日付で記載されていれば、貴方も仰るように従業員はなかなか納得しないでしょう。

仮に、その場で何も言わないでサインしたとしても、そのことによって会社への信頼感が失くなる(低下する)ことは避けられないのではないでしょうか。

このような会社への信頼感の喪失、不満が他の部分においてもトラブルになる原因になり得ます。

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問