JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1057
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

家の息子が、会社業務でミスを犯した場合、罰則金を取られます。 給料より天引きですが、現金支給のため給料明細表は通常

解決済みの質問:

家の息子が、会社業務でミスを犯した場合、罰則金を取られます。
給料より天引きですが、現金支給のため給料明細表は通常手取りで
内容金額はマイナス金額(通常5万円)です。
今回は、罰則金が20万だと言われました。
手取りで20万くらいなのでほとんど0円です。
しかし、明細は20万となっていると収入がないのに
税金だけは払うことになります。
こんな事があるんでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

仕事上のことで会社側になんらかの損害を与えても、必ず損害賠償義務があるかというとそうではありません。

 

仕事において通常の一般的な常識で求められる注意義務を払っていれば損害賠償義務はないです。

 

また、軽過失によって会社側になんらかの損害を与えても、ある程度の確率で損害が発生するような業務においては損害賠償義務はないと考えます。

 

労働者を雇っている以上、そのようなリスクは常にあるという考え方があって、使用者が基本的にはリスクを背負うべきものなのです。

 

よほど重大な過失があれば、損害賠償義務が発生します。ですが、その場合でも全額負担とはなりません。3分の1とか4分の1とか10分の1とかケースによるのですが、一部負担となります。

 

ところで、給料から損害賠償額を天引きすることは認められていません。もし、会社側が損害賠償を請求するのなら、給料は支払った上で、別に損害賠償請求することになります。

 

給料からの天引きは、賃金全額払いの原則に反し、労働基準法違反です。息子様がお勤めの会社が給料から損害賠償を天引きしているのであれば、息子様に労基準監督署に申告することができるということをアドバイスしてあげてください。ご注意いただきたい点として、「相談」だけだと労働基準監督署は動いてくれないので、「申告」である必要があります。

質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございました。


一つだけ質問があります。


給料明細は、通常額(約20万)で


封入金額は、15万の場合会計処理及び税金はどうなりますか。


通常であれば、明細にマイナス金額を入れて処理すると思いますが?


昼食時間も15分位だと聞いています。


通常は、6時間勤務に付き45分の休憩だと認識しています。


只、会社を辞めたい前提なので、今までの罰金支払いが


無効かどうか知りたいです。


 

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

お返事ありがとうございます。

 

社会保険や所得税は会社が勝手な天引きをする前の金額に基づいて計算した額となります。マイナス金額を入れて処理することは考えられません。ある意味、違法な天引きをしている有力な証拠となります。

 

休憩時間については仰るとおりです。休憩時間に働いた分の給料が出ていなければ、請求することもできます。

 

今まで勝手に天引きしたことは違法ですので、会社はそれを返金しなければいけません。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問