JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 279
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

雇用契約書と就業規則

質問者の質問

私は長崎県の単科の精神科病院に精神保健指定医として勤務しているものです。平成21年11月9日(実際の勤務開始日は平成21年11月19日より)です。雇用契約は勤務しはじめてから数日後に事務長より頂きましたが「労働契約の明示(相対的、絶対的、共に)記載されておりません。私はそれが気になり、事務長に労働契約書を頂いた日に2回、就業規則をくれるように依頼しましたが頂けませんでした。そのことが頭にあり、平成21年11月に契約書の例を作成し、持って行きました。理事長兼院長がおり「そいわ!!!(それは;長崎弁)」と大声を上げたのです。平成23年3月2日に、私が就業規則のことを事務長に言い、事務長が「ぴょこぴょこ」とした足取りで就業規則を持って来ました。契約書は第1条から第3条よりなり、簡単なもので割り印も無かたのです。第3条は「この契約の期間は、平成21年11月9日より1年間とする。ただし、双方の解約の申し出がない場合は延長するものとすし、以後、これに準ずるものとする。」と書かれてあります。平成22年、同治事務長に自分の雇用形態について尋ねたところ「厚生労働省の正職員です。」と言い、事務長が喜んだように「作り直しましょうか(?)」と言いました。また事務長は「住所」を自分で書こうとしとしましたが私が書きました。現在の契約書は上記第3条が削除されたものです。すなわち、上記、第1条と第2条しか無く、簡単なものです。雇用契約は成立していますでしょうか(?)尚、同事務長はE労働基準監督書に私の雇用契約書、就業規則と思しき書面を委任状も持たずして、相談に行ったようです。同事務長は新契約書作成に「2、3日かかります。」と言いましたが、平成24年8月17日のその日に新しい契約書はできており、私の机の上に置いてあり、事務長は無言で帰っていたようです。また、事務長は私の雇用契約書および就業規則と思しき書面、文書を委任状を持たずして持って、A労働基準監督署に行ったようですが、行った時は鬼顔、帰って来て、恵比須顔で「成立していました。」と答えました。私の契約は成立しているのでしょうか(?)何やら作為を感じる次第です。


    ◎弁護士の方、回答の程、お願い致します。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働

雇用・労働 についての関連する質問