JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

私、従業員40名程度の某・中小企業(有限会社)で働いている者です(部長職)。本年(13)6月(あと2ケ月)で60才

解決済みの質問:

私、従業員 40名程度の某・中小企業(有限会社)で働いている者です(部長職)。本年('13)6月(あと2ケ月)で60才となります。先日、社長より定年のお話がありました(勤続4年8ケ月、退職金も出るそうです。≒130万円)、継続して働きたいと思っているのですが、多分給与が減ると思います。具体的額&身分については後日決定となりましたが、あまり減額が大きいと生活にも影響しかねます。(種々ローンもあります。)どのくらいの減額が世間相場から妥当なのでしょうか?ちなみに現在の給与は50万円/月、年俸600万円(年俸制でボーナス無し)であります。
20%(10万円/月、120万円/年)位の減であればと密かに思っているのですが。又、あまりにも減額が大きいとその減額に対し、異議を申し立てることは出来るのでしょうか?
素人質問で勝手なご相談で大変申し訳ありません。ご相談いたし度。(当、質問サイトは経営者側のみ受付でありましたら、無かったこととしてしてください。)
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

こちらのサイトは労働者の方からのご相談を承っております。ご安心ください。

さて定年退職と再雇用の関係ですが、

定年とは事前に定められた年齢に達した際に雇用契約が終了することを言います。世間では定年後に契約社員や嘱託社員として継続勤務している例が多数ありますが、これは定年によって一度雇用契約が終了して、新たに雇用契約を結んでいるものです。

そのため形式上は勤続でも、契約上は再就職です。

ですので減給という問題は存在せず、新たな雇用契約を結ぶうえで賃金等が提示され、それに納得すれば雇用契約締結、納得できない条件であれば雇用契約不成立、となります。

定年退職後に再雇用するかどうかは会社の任意です。あくまでも新たな雇用契約ですので提示された賃金に対しての異議申立て、というものはありません。

その労働者を雇用するしないは会社の裁量となります。

 

労働者が犯罪や就業規則違反をしない限り、定年まで雇用する義務が会社にはありますが、定年後の再雇用や賃金補償まで会社に義務を課す法的拘束はないのです。

 

そのためご相談者様にとっては、再雇用の労働条件が会社から提示され、その条件で再雇用に応じるか再雇用をあきらめるか、の二者択一になります。もちろん話し合いで「もう少し賃金をアップして下さい」等の要望を会社側にすることは可能です。あとは会社がその要望を受け入れるか否か、になります。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございました。
近いうちに社長との具体的打ち合わせがあると思います。


多分、身分(例:非常勤取締役等)も含め結果が出次第、再度ご相談させて頂きたいと思います。もしご回答の通りの「一再雇用」の結果でありましたら、


ありがたい評価として送信させて頂きます。申し訳ありません、よろしくお願い申し上げます。


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

ご相談者様にとって良い解決が図られますことを心よりご祈念申し上げます。

 

ご評価、お待ちしております。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問