JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

夜のアルバイト(クラブ)を週2回年末より友人の紹介でしていましたが、オーナーのパワハラ的な発言、出勤直前に 今日はお

解決済みの質問:

夜のアルバイト(クラブ)を週2回年末より友人の紹介でしていましたが、オーナーのパワハラ的な発言、出勤直前に 今日はお休み下さい、不返信 と言うメールが度々あり、月末で辞める約束でしたが、腹に据えかねてもう辞めさせて頂きます。とこちらもメールで 送ったところ、自己都合で交代者なく休む場合は欠勤となりマイナス給与を使い他のスタッフの特別手当にするため です。勝手に辞める時期を早めるのも労基法違反となります。契約合意した今月末まではやったほうがいいかと、、いい大人の良識を、、同僚の若い連中に笑われないよう、、と返事がありましたが 店の都合で当日休んで下さいと言うオーナーにそれをいえる事ができるんでしょうか?給与明細もなく現金が封筒に入っているだけ、労基法と言う言葉で脅しているようにしか取れません、雇用契約書など勿論交わしていませんし 以前辞めたいと申し出た時に4月末まで出てほしい と頼まれ延長しいた次第です。あと2回行く予定でしたがもういくつもりはありません。オーナーが給料を振り込まない と言って来たら逆にこちらが 労働基準監督署または税務署に言える事が出来ると思うのですが、、今後どうしたらよいでしょうか?少ない給料ですが 貰えればもう早くかかわりあいたくないです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

まず、労働基準法とは会社(使用者)を取り締まる法律であって、労働者を取り締まる法律ではありません。

>勝手に辞める時期を早めるのも労基法違反となります
全くのデタラメです。

そのオーナーは分かっているのに敢えて脅しとして言っているか、単なる無知であるか は分かりませんが、そのような発言は無視して構いません。
(恐らく単なる無知だと思いますが)

労働者には退職の自由が保障されています。
労働者の退職を使用者はいかなる理由があっても拒否することはできません。

どれくらい前に通知すれば有効かは民法627条の「雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する」が適用されますので、2週間前に申し出れば問題ありませんが、そもそも違法だらけの職場であと2週間も働く必要はないでしょう。

雇用契約書(労働条件通知書)の交付義務違反は労働基準法15条違反です。
休んだ日数分の給与は会社も支払い義務はありませんが、その日数分以上の給与を支払わないのであれば賃金の未払いとして労働基準法24条違反となります。

このような明らかな労働基準法違反に関しては労働基準監督署に申告することができ、労働者からの申告に対して、会社に指導・是正勧告がなされます。
労働基準監督官は司法警察職員としての権限も持っていますので、会社が是正勧告に従わず、その意思も見られない場合は地方検察庁に送検することもできます。

この際のアドバイスとして、労基署の相談窓口は一般に非常勤の労働相談員が対応しており、単なる相談と受け止められた場合は、自助努力が強調され具体的な救済の動きにつながらないことがあります。
あくまで正式な「申告」であることを告げてください。

今まで働いた分の給料は貰って、すぐに辞めたいのであれば、労基署にすぐにご相談に行かれることをお勧め致します。
申告先は職場の住所地を管轄する労働基準監督署です。
(税務署は関係ありません)

ちなみに退職後は本来の給料日にかかわらず、請求日から7日以内に支払うことが労働基準法23条に定められていますので、この点についても主張されるとよいでしょう。



質問者: 返答済み 4 年 前.

返信有難うございました。4月いっぱいで辞める事となっていまして 18木曜に今日もお休みして下さい。と言うメールで 19金曜に やめさせて頂きますとメールしました所、その日に先ほどのメールでした。予定として 25,26日のバイトが残っています、月末までの約束だとすると2週 間には なりませんが、精神的苦痛なので行けませんと 理由で辞めるとしてよいですよね?本来なら当日急な仕事のキャンセルは店側の勝手な都合なので こちらはその時給もあてにしているし、出かける用意をしている責任を取って貰ってもいいくらいだと思っていますが、もう出勤分だけのお給料を振り込んで貰えばそれでいいと思っています、月末閉めの月末払いなので、3月分のお給料(店側のキャンセルで半分くらいしか出勤していません)と4月分お給料 5月末まで待って振込みがない場合監督署に行った方がいいのでしょうか?それとも 今週木 金出勤しないので きっとまた労基法どうこう給料を払わない と言ってきた時に 相談に言った方がいいのでしょうか?あまりに酷いメールが来たら 給与明細も出さないので税務署に訴えて、税務調査にでもなればいいと思っています。


因みに時給1500円で車で30分かけてガソリン代も無く行って駐車禁止じゃないところを探して停めていた状況です。


 

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

また具体的な内容もありがとうございます。

まず、>18木曜に今日もお休みして下さい、のように使用者側の都合で休みにする場合は、労働基準法26条の定めにより、使用者は労働者に対して休業手当を支払う義務があります。

休業手当とは1日の賃金の6割以上の額のことです。

(出勤分の給料だけでいいということですが、念の為)

もともと4月いっぱいで辞めると申し出ておいて、19日に辞めるというのは確かにあまりよくありませんが、そもそもオーナーの対応にも問題がありますし、使用者には労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)がありますので、実際に精神的苦痛を感じてる貴方を無理やり出勤させることもできません。

これについて、オーナーがとやかく言うようであれば、行政(労基署)に介入してもらうとよいでしょう。

3月分の給料が今月末に振り込まれないのであれば賃金不払いとなりますので、労基署に申告するべきです。

一方、先程の回答で申し上げました通り、3月分だけでなく、4月分の給料もすぐに振り込んでもらいたいのであれば、労働基準法23条の定めを引き合いに出し、請求されるとよいでしょう。

これを拒否するようであれば、労働基準法23条違反となりますので、これをもって労基署に申告することも可能です。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問