JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

就業前に作業服に着替えてから、タイムカードを打刻また就業後作業服から私服に着替える前に打刻しなければならないとのルー

解決済みの質問:

就業前に作業服に着替えてから、タイムカードを打刻また就業後作業服から私服に着替える前に打刻しなければならないとのルールがあります。(就業規則にはありませんが)
 着替える為に5分位は掛りますから就業時間前ギリギリに出社すると間に合わないので解りますが、就業後(所定の時間をおえてから定時退社)に私服に着替えてからタイムカードを打刻するのは就業違反に当たりますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

労働法規にはそのような定めはないため、違法行為ではありません。また就業規則にもない、との事ですので、「就業違反に当たるか?」というご相談に対して回答は難しいのですが、私服に着替えてからタイムカード打刻という行為が何か問題になっているのでしょうか?

賃金計算に関してはタイムカードを打刻する時点で定時を過ぎていれば給与を削られることもありませんので特に問題はない、と思うのですが。

 

作業服を着ている間が労働時間、という会社の考え方であるならばそれに従うべきです。

 

また残業代の計算として定時に作業が終わり、作業服から私服に着替えてからタイムカードを押すまでの5分間を残業とは認めない、という会社の考えなのかも知れません。その場合にはその考え方は正しいものとなります。

例えば17:00が定時でタイムカードを17:05に打刻、しかし5分間というのは着替え時間である、となると残業代にはなりません。会社が労働を命じているのは17:00までであり、実際に労働するのも17:00までだからです。

 

会社の実際のご様子がわかりませんので、トラブルになっているであろう内容を予測して回答させていただきましたが、ご相談の趣旨が異なっているようでしたらご返信でご指摘いただけたらと存じます。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。質問の趣旨を申しますと、


今は辞めてしまった社員がおりました、彼は出勤時にタイムカードを打刻しました それから所定の作業服に着替えて所属の部署に向かっていきました、退社時(所定の勤務時間を終えている)も私服に着替えてからタイムカードを打刻しておりました。


ある日彼は所属部の長に呼ばれ「君は、毎日遅刻しているね!このままだと なにかしらのペナルティーを与える事になる」と言われたそうです 案の定その時の賞与の査定に響き賞与の額が下げられてしまいました。 そのことが引き金になり彼は会社を去って行きました もう数年前のことてすが!


 


先日新入社員が同じような事で、上司に怒られている処を目撃、彼が私の処へ相談にやってきました。 「私は会社の方針だし、社会人はそんな物だと彼に言い聞かせてしまいました。」 それで専門家の方の意見をお聞きしたかったのです。


この春質問主の私が会社社員代表(労働組合)をする事となり色々と会社と話し合う機会が多く成ったのでいい機会と思い質問させて頂きました。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

なるほど。そのような事があったのですね。

既に辞めてしまった方の件ですが、「出勤時にタイムカードを打刻した」⇒「君は毎日遅刻しているね」となりますが、出勤時にタイムカードを打刻して遅刻、ということは本当の遅刻なのではないでしょうか?

ご相談者様が「社会人はそんな物だと彼に言い聞かせてしまいました。」 と反省されておられるようですが、私はご相談者様のおっしゃる通りだと思います。

ゆとりを持って会社に行くものだと私は考えております。

着替えの5分のために遅刻するほどぎりぎり行動をするのは、社会人としてはいかがなものかと。

始業10分前に到着していれば着替えをして余裕で所定の場所(所属部署)に配置できるはずですから。

例えば9:00始業の会社であれば8:50に着いて作業服に着替えて8:55にはタイムカードが打刻できるはずですので、何の問題もないはずなのです。

9:00始業であれば9:00に決められた場所に配置しなければなりません。

 

タイムカードを8:59分に打刻して所定の場所に9:03に着いたのでは遅刻です。

遅刻の常習となると会社から制裁を受けたり賞与の査定に影響するのはやむを得ません。

所定の場所に時間通りもしくは時間前に配置しているならばタイムカード上も遅刻にはならないはずですし、就業時間まで所定の場所で労働していればタイムカード上も早退にはならないはずです。

「社会人として・・・」というご相談者様の発言は間違っているとは思えません。その返答で正しいと考えます。

 

会社が現状行っている「出社時に着替えてから打刻、就業時着替える前に打刻」は法的に何の問題もない措置です。そこを会社に対して追及することは出来ませんので、労働者側の「社会人として・・・」のモラルの問題となります。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問