JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

実家の母の事で質問させていただきます。実家は寺院を経営しています。母は88歳になりますが、少しでも檀家の為にと、今で

解決済みの質問:

実家の母の事で質問させていただきます。実家は寺院を経営しています。母は88歳になりますが、少しでも檀家の為にと、今でも写経会や、御詠歌を教えています。弟が住職なのですが、 10年程前にいきなり20万円の給料が銀行におろしに行ったら8万円に下げられていま した。理由は自分の息子と娘に給料を出すためでした。その時は母も弟夫婦と一緒に住んでいましたので、仕方がないとあきらめたようですが、その後離れに追い出され、すべて一人で生活しなくてはならなくなりました。まだ8万円は振り込まれていますが、いつ切られるかわからない状況です。母にはこれが不当だという認識はあったみたいですが、家族で争いたくないと、今まで我慢してきました。嫁いでから66年もお寺の為に尽くしてきたのに、最近はいやがらせもうけています。もう親子の縁をこちらからも切ることにしました。そこで、退職金なり、功労金なりをもらいたいと思うのですが、無理な話なのでしょうか。よろしく御助言お願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

回答のために質問をさせてください。

 

お母様の給料が20万円から8万円に引き下げられたということでしょうか。それとも、弟様の住職としての給料が20万円から8万円に引き下げられたということでしょうか。

 

また、20万円のお給料とのことですが、労働契約(雇用契約)だったのでしょうか。お給料や退職金についての約束の内容を記した何らかの書面は残っていますでしょうか。

 

お手数ですがよろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.
母の給料です。社会保険労務士事務所が給料の計算などをしています。
質問者: 返答済み 4 年 前.


母の給料です。社会保険労務士の事務所に給料計算などはお願いしていますが、契約書などはわかりません。

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

お返事ありがとうございます。

 

お母様の給料が20万円から8万円に下がられたのですね。

まず、お母様が労働者であるかどうかがポイントとなります。社会保険労務士事務所が給料計算をしているということは、労働者であるという主張を裏付ける一つのプラス材料になるでしょう。

労働契約書(雇用契約書)はあったほうが良いですが、なかったからと言って労働者と認められないわけではありません。

 

仮に労働者であるとして、労働者の同意なしに20万円のお給料を8万円に引き下げるということはできません。差額分を請求することができます。 ただし、賃金の時効は2年なので、2年分の差額分の回収となると思います。今までの全部の差額分の請求自体はできます。なので、時効は関係なく、相手側がもし今までの全部の差額分の支払いをするというのであれば、それはそれでよしです。

 

労働者であるかどうかについては、労働基準監督署に判断を仰ぐのが良いでしょう。労働基準監督署は全国にあり、労働基準法違反についての相談や申告をすることができます。

 

 

退職金については制度を設けることを義務づける法律はありません。したがって、退職金制度そのものがない企業もたくさんあります。特に中小企業においては退職金制度はないことのほうが多いです。ただし、中小企業であれ退職金制度を設けた場合は、その退職金制度の決まりに従って支給しなければいけません。使用者の気分で、決まりを破って退職金はなしとすることはできないということです。

 

なので、まず、そういう退職金制度の有無を確認いただく必要があります。もし、なければ退職金はもらえないということになります。

 

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問